Loading

アガベの中でも最高品質の希少価値の高いオーガニック・ブルーアガベの魅力とは?


IN YOU Marketにオーガニック、RAWの
ブルーアガベシロップとブルーアガベシュガー
を出品している
奥泉さんにお話を伺いました。

最高品質のブルーアガベだけをRAW製法で低温抽出

日本でまだアガベシロップの存在を知られていなかった
12年ほど前からアガベシロップを取り扱いました。

日本市場の販売権を持っていた人から商品を紹介されたことがきっかけでしたが、
当時、インターネットでアガベを検索すると、
テキーラしか出てこないほどマイナーな存在でした。

アガベシロップは低GI(グリセミックインデックス)値
血糖値を上げにくい商品だと知ったので、当初は糖尿病患者向けへの販促を考えていたのです。

しかし、他のアガベシロップをいろいろ試してみましたが
こちらの有機ブルーアガベシロップは美味しさが抜群だということがわかり、味を訴求することでPRをしていくことにしました。

こちらの有機アガベシロップは、
他の商品と比べるととにかく美味しさが違います。

それは、テキーラの原料にも使われている
ブルーアガベを使い、
48度以下の低温で抽出するRAW製法だからこそだと思います。

アガベの中でも種類がいくつもあり、
必ずしもみな同じではないのです。

アガベという言葉は高貴という意味を持ちますが、
数多くあるアガベ種の植物の中で、古代メキシコ人が最も高く評価してきたのが、ブルーアガベ種なのです。

メキシコでテキーラを醸造蒸留するときは、
このブルーアガベ種以外のアガベ種の使用は認められないのです。

アガベの中でも最高品質といえるブルーアガベは、シロップになっても美味しさが全然違います。

アガベシロップを使うファンが確実に増えている

こちらの商品を買う

健康や美容に気を使う方は、お砂糖を使うことに引け目を感じていらっしゃる方も多いと思います。
天然甘味料としてハチミツやメープルシロップなどを選ばれることもあるでしょう。

アガベシロップを今、ネットで検索すると健康に悪いと叩く記事がたくさん出て来るかと思います。
これは、元をたどるとアメリカで糖尿病患者にアガベシロップを与えた治験を引用しているのですが、そもそも、糖尿病患者の方はどのタイプの甘味料も、健常者が使用するほどとれない体になっているはず。

糖尿病患者の方には白砂糖やメープルシロップは適量以上使用すると血糖値が上がって使えず、またアガベシロップは摂りすぎると肝臓に負担がかかりますが、飲酒で二日酔いになる方がよほど肝臓に負担がかかると考えます。

しかし、私は誰でも、どのような甘味料であっても多量に使えば体に負担になるし、他の食材や薬も同じだと思っています。梅干しも体に良い食材と考えられていますが、毎日大量に食べれば体を害することは誰でも知っています。

食材には、適量というものがあり、アガベシロップも大量に摂取するのではなく、体質に応じて適正な分量を取る分には問題がないと思います。

実際、治験が行われたアメリカでも、現在、さらにアガベシロップの市場が伸びています。
以前アメリカは自然食品店でしか売られていませんでしたが、今ではどのスーパーでもメープルシロップやハチミツと一緒に並んでいるほどポピュラーな存在に。アメリカ以外の各国でも市場が伸びています。
日本でも大手企業がアガベシロップを取り入れ始め、輸入数が伸びていることからも今人気の甘味料の一つだと言えるでしょう。

味に癖のない、使い勝手はほかの甘味料に比べて優れており、アガベシロップのファンが、
どんどん増えている
ことを実感しています。

アガベシロップの中でも一番GI値が低いから血糖値を上げにくい

こちらの商品を買う

ブルーアガベシロップとブルーアガベシュガーは、
メキシコの有機認証農場で作られ、有機認証農場工場で抽出されています。

ブルーアガベシロップを日本に輸入する際に関税が50%かけられるため、
コストを抑えるためにメキシコから輸入した商品を日本でボトリングして販売しています。

アガベシロップは同じ原料でも熱の入れ方、
加熱してから冷ます時間で色が異なります

こちらの有機ブルーアガベシロップはまた、日本ではまだ取扱いがあまりない
低温の48度以下で酵素などを残して抽出したRAW製法。

急激に冷ますと色が薄くなりますが、
こちらの有機ブルーアガベシロップはゆっくり時間をかけて作られているので、
美しい琥珀色
をしています。

こちらの有機ブルーアガベシロップは、GI値が17

アガベシロップの業界水準で、一番低いということも特徴です。

加熱や加工をなるべく減らすことで、良いほうに差別化できる製品です。

地球的な規模で考えると、表土を守り、河川の汚染が少なくなり、
非常に長期的な考えた方をすると生産者の健康のためにもプラスになるのです。

すっきりとした甘さで水溶性食物繊維のイヌリンも含有

こちらの商品を買う

アガベは、パイナップル状の形をしていて、
イヌリンという水溶性食物繊維でできています。

果汁はほとんどなく、水溶性食物繊維が主成分で、
熱を加えて加水分解することでアガベシロップが出来上がります。

こちらの有機ブルーアガベシロップは甘ったるくなく、
甘さが口の中でスーッとなくなるから、
食材の風味を生かすことができます。

メープルシロップは特徴的な香りがあって、和食には向きませんが、
アガベシロップはキレのいい甘さなので、和洋問わず使いやすいです。

朝食のトマトジュースに一年中同じ甘さを維持するためにプラスしている旅館もあり
ますが、トマト自体が甘くなっている感じで、素材の風味を引き立ててくれるそうです。

白色の美しいスイーツが作れる有機ブルーアガベシュガー

こちらの商品を買う

有機ブルーアガベシュガーは、
何と言っても繊細な食材の色合いを引き出し、使いやすいのが特徴です。

スプレードライ製法と言って、
有機ブルーアガベシロップをスプレー状に吹き付け、
水分を熱風で蒸発させているから、細かい粒状にすることが出来ました。

また、オーガニックのマルトデキストリンというでんぷんを加えることで、
かたまりにならず、サラサラの状態を保てます。

天然甘味料で粉状のものはメープルシュガー、ココナッツシュガーなどがありますが、
いずれもブラウンシュガーで、色がついてしまいますね。

こちらの有機アガベシュガーなら
ケーキのクリームなど、白い色を保ちたいものに
美しい仕上がりをもたらせてくれます。

また、チョコレートにはアガベシロップだとかたまりませんが、
アガベシュガーなら扱いやすいとのことで
海外ではオーガニックのアガベチョコにも使われています。

アガベシロップを作ってからさらに粉末にするため、
価格は少し上がってしまいますが、
記念日など、色合いを美しく仕上げたい時には欠かせない素材ですね。

RAW製法GI値が低く、使いやすくて美味しい有機ブルーアガベ

こちらの商品を買う

いろいろな特徴がありますが、とにかく美味しいのがこの有機ブルーアガベシロップをオススメする理由です。

今まで、インターネットの噂で取り入れるのをためらっていた方、
アガベシロップの味に疑問を持っていた方にこそ、ぜひ一度試して頂ければと思います。

国内でRAWでオーガニックのアガベシロップは、
ほとんど出回っていません。

またGI値がアガベシロップの中でも一番低い数値
血糖値をあげにくいことも、他のアガベ製品との違いです。

アガベシュガーも、色が白いので体に悪いイメージがあるかもしれませんが、
製法を研究しつくした結果、消費者に使いやすい製品を生み出した賜物です。

ハチミツよりクセがなく、
メープルシロップのように香りに特徴もなく、和食にも洋食にも、スイーツにも使いやすい有機ブルーアガベシロップ。

ぜひ調味料の一つに、加えてみてください

こちらの商品を買う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

これからの時代に、このキノコが世のためになると信じ、おばあちゃんが作り続けた奇跡のキノコ「たもぎだけ」の威力とは

世にも貴重な自然栽培の原材料で作られた唯一無二のロー・フレグランスで心を整えよう。

関連記事

  1. 健康を追求して辿り着いたのが、1回の食事に汁物を必ず添える「一食一汁」!これだけ…

    2017.11.21
  2. 防腐剤・添加物・界面活性剤・薬品不使用!老化の元になる活性酸素からあなたを守るす…

    2017.03.01
  3. グアテマラの古代マヤから続く太古の森が人為的に燃やされている!森を守るためにはじ…

    2017.11.27
  4. 口コミだけで広がり、今では日本代表スポーツ選手の食事に取り入れられる、スーパー深…

    2017.11.08
  5. 阿蘇山から受ける自然のパワーを丸ごとぎゅっと詰め込んだ薬効の詰まった凄いお茶

    2017.02.06
  6. 8000個も注文が殺到する医療レベルの認定を持つ世にも希少な本物のマヌカハニー

    2017.09.21

最近の記事

PAGE TOP