Loading

アトピーやアレルギー、化学物質過敏症などで「一般的な」食べものが食べられなくなっている子たちへ。 自然に寄り添い、人と地球が喜ぶ食べものをお届けします!


人間の健康・健全な作物・生きた土有機的循環の実現を体現しています

私たちは北海道の十勝地方で、土作りから安全安心な食べ物をつくっています。
更別村・上富良野町・本別町に農場もあり、バイオダイナミックファームによる環境保全型農業を実施・研究しています。

自然に寄り添い、人と地球が喜ぶ食べものを

生産・加工・販売・消費が分断することなく、一貫して繋がる製品作りを行っています。

自然と人、人と人、人と地球。

私たちの食べものが様々な繋がりを深めるきっかけになりたいと考えています。

生産者・加工者・消費者が分断されたことにより、作り手側は安く沢山売ることに注力するようになりました。

ゆえに、生産者は農薬をたくさん使い、加工者は添加物をたくさん使うように。

ここが繋がれば再び、責任を持ってつくられた安全安心な食べ物が流通するのではないでしょうか。

分断された繋がりを取り戻すことを目指しています。

全ての事業が行き着く理念は、「未来の地球と子どもたちの為に」

やはり子どもたちに食べてみてほしいです。

アトピーやアレルギー、化学物質過敏症などで「一般的な」食べものが食べられなくなっている子が増えています。

健全な作物から自然な製法で作った私たちのパンとチーズで、心と身体の健康を育むことができたら嬉しいです。

十勝産小麦のポテンシャルを生かしたロールモデルとなるようなパン

製粉した十勝産小麦粉を全国のパン屋さんに販売しているので

十勝産小麦ならではのパンを追求する為に、自社でもパン作り・販売を始めました。

パン屋さんが「パンは不健康」と言っていることが、すごく残念です。

実はパン職人さんの中には、小麦アレルギーの方が結構いらっしゃいます。

過剰に食べ続けたわけでなくても、毎日生地に触れたり空気を吸い込んだりする中で発症することがあるのです。

ポストハーベストの小麦粉・トランス脂肪酸・添加物を用いて、イーストで短時間で発酵させて焼き上げる。

大量生産大量流通である現代型のパン製造が、パン本来の姿を歪ませてしまっているように感じてなりません。

心から消費者に食べてもらいたいパンとはどのようなものか?


日本一美味しくとかそういうことではなく、本質的なパンを追求しています。

すると自然と、小麦をはじめオーガニックの原材料と自家製酵母を使用し

手後ねして常温で長時間発酵させて薪火で焼き上げた、カンパーニュ形のパンに行き着きました。

製品として安定しないのが大変ですが、それもパンが生きている証です。

各職人が精神を研ぎ澄ませて粉や酵母と対話しながら、その時ベストなパンを完成させています。

オーガニックパンを買う

パンを食べられない人が、私たちのパンは食べられる姿を目にすると、嬉しいです。

パンを食べることによってミネラル・繊維質を摂取できる

誰にとってもプラスとなるようなパンを、作っていきたいです。

オーガニックパンを買う

ひとつの有機体を目指す農場の、副産物であるチーズとヨーグルト

1つの有機体となることを目指したバイオダイナミックファームの運営を通して

オーガニック農業の在り方を追求していくと、やはりそこには動物が必要となり牛を飼い始めました。

ブラウンスイス牛9頭を放牧しながら飼い、夏季は有機農場の牧草を、冬季は有機牧草の干草を食べています。

穀物飼料は自社農場の有機の小麦ふすまと大豆をわずかに与えるのみ。

ホルモン剤や抗生物質は一切与えていません。

チーズやヨーグルトはその副産物で、草の香り溢れる濃厚で新鮮な生乳を手作りで加工したものです。

一般的に市販されているチーズやヨーグルトは、製造する為に飼われている牛の生乳からできています。

工業機械のように扱われる、牛の飼い方そのものが問題ではないかと思います。

そもそも「牛」の代名詞となっているホルスタイン種の牛は、搾乳量が増やせるように品種改良された牛です。

また、大豆・コーン・菜種など遺伝子組み換え飼料による影響も懸念です。

チーズとヨーグルトを買う

まだまだ完璧ではないけれど、少しでも自然に寄り添ったチーズ、ヨーグルト作り

えさや飼い方といった物質的な要素だけでなく、牛の精神状態まで理解する世話を心がけています。

するとヨーグルトやチーズ作りに心が込められ、プラス牛の乳質も良くなるのです。

農場の草や農場で採れる大豆・小麦をえさにしている私たちのブラウンスイス牛は

一般的な牛の4分の1以下の量しか搾乳できません。

日々変化する自然の中で生きる牛の生乳なので乳質も安定しませんが、

パンと同様、職人が乳質に合わせたその日ベストなチーズを手練りしてつくっています。

クエン酸やph調整剤のような添加物は一切使用せず

オホーツクの自然海塩を加えじっくり時間をかけて発酵させる伝統的な製法で完成させるモッツアレラチーズ。

生乳に合ったチーズ作りをすることと、その為に質が良い生乳をつくることに、最大限こだわっています。

チーズとヨーグルトを買う

食べる人の心身の健康を心から考えた
原料と加工で完成される、パンとチーズとヨーグルト

口にする人が美味しさを楽しみながら食べ、さらにその後の身体のことまで考えた

製法・畑作り・土作りまでを一貫して行なっています。

少しでも自然に寄り添いながら、食べる人に良いものを。

食べる人の心身の健康を心から考えている、原料の生産や加工。

「繋がり」をぜひ感じて頂きたいです。

私たちのパンやヨーグルト、チーズを食べて頂くとわかると思います。

脳に無理やり満足感が与えられるのではなく

心身がすっと受け入れる、透明感があって優しい美味しさです。

ぜひ一度、ご自身の身体と心で、感じてみてください。

オーガニックパンを買う
チーズとヨーグルトを買う

PROFILE

佐野 亜衣子
佐野 亜衣子
〜身体にやさしく地球にやさしく。子どもたちの為に美しい地球を〜
A&T(株)代表取締役。オーガニックライフコーディネーター。
オーガニックライフの実践により、学生時代より慢性的だった生理不順と不正出血を克服し、自然妊娠・出産。母となってから、子供を育てるだけでなく、地球を未来に繋いでいくことも親の役目ではないかと考えるように。
前職での経験を活かし不動産投資事業を営む傍ら、オーガニックライフの心地良さを伝えながら消費者と、良質なオーガニック製品・生産者を繋いでいる。オーガニック製品の広告をはじめ、オーガニック製品メーカーのオンラインショップ運営代行、小売り代行、また多くの人にオーガニックライフを気軽に体験してもらえるワークショップ開催などを手がけている。
夢は、オーガニックな不動産開発・オーガニックな町おこし!
東京都在住。食生活アドバイザー。
Instgram
ブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人間の原初の脳を呼び覚ます。本来、体をあるべき状態に戻す完全オーガニックの妊活フレグランスのお話

「有機農業を当たり前の存在にしたい。」無農薬・無化学肥料で作る、栄養たっぷりの小松菜のお話

関連記事

  1. 分かっていただける方だけに、手に取ってほしい。ありえない豪華な成分に、果敢に挑戦…

    2017.06.05
  2. 人間に必要なほぼ全ての栄養が豊富にバランスよく含まれるおそるべし次世代の植物モリ…

    2017.12.15
  3. 真夏に輝く!世界基準の厳しい審査に合格したエコサートのオイルとは

    2016.10.23
  4. あのマクロビオティックで著名な久司道夫先生直伝!久司先生が教えてくれた本物のお塩…

    2017.09.16
  5. イタリア産まれの“天然素材”100%オーガニック「海綿スポンジ」

    2018.08.31
  6. モンゴルの公的機関から頼まれ誕生。伝統的な果物、奇跡の果実シーベリーを使った無農…

    2018.05.24

最近の記事

PAGE TOP