Loading

トレーサビリティーを意識して作られた「羽毛ふとん」「羽毛枕」


 

【商品ラインナップ】
○羽毛ふとん(S)
○羽毛ふとん(W)
○羽毛枕

今回は、
トレーサビリティーを意識して作られた
「羽毛ふとん・羽毛枕」をご紹介いたします。

トレーサビリティとは、
飼育〜生産過程〜販売までを明確にすること。

現代の日本では、
中々生産工程まで信頼できる羽毛はありません。
詳しくは、【出品者様のストーリー】からご覧ください。

環境にも動物にも人にも良い「羽毛ふとん・羽毛枕」とは?

冬マイナス数十℃に下がるデンマーク産ダックのダウンを使用しています。
かさ高性=空気を含む量が一般的な羽毛布団と比べ非常に多く、しかも軽くて暖かです。

またダウンの充填量を上下で違うので、足元が冷える方、
肩口が冷える方で上下向きを変えて使うことが出来ます。

飼育〜販売までを明確にした
羽毛を使った「羽毛ふとん・羽毛枕」。

私たちが普段手にしている羽毛は、
羽毛を企業が大量に購入し、洗浄して、使用しているもの。

その買われた羽毛は生きたまま羽だけを毟り取られていたりするのです。

この製品に関しては、デンマークの農場で
食肉に使われたものの残りの羽毛を使用して、
洗浄から縫製まで行なっています。

一貫生産を行なっている工場は
ヨーロッパ全体でも3-4つくらいしか無いのが現状です。

動物にも、地球にも、人にも優しい羽毛なんです。

他国産ダウンやフェザーの中には羽毛目的でと畜採取するものもありますが、
デンマークでアニマルウェルフェアに配慮して放し飼い飼育され、
食肉目的でと畜されたもののダウンとフェザーを
一社で独占的に使用、他の羽毛を一切使用していません。

○ダウナフレッシュ認証取得:ヨーロッパダウン&フェザー協会により羽毛が衛生的であることを証明。
○エコテックスクラス1認証の側生地を使用:赤ちゃんの肌着レベルの安全性を意味します。
○ノーマイト認証:側生地のち密さでダニが侵入できない、水で洗い落せる機能を持つ寝具です。
○製品の高品質さからデンマーク王室、スウェーデン王室に献上、一流ホテルでも採用
○食用として使われた羽毛だけを使用しているので、動物にも優しい
○自社で一貫生産しているので、誰が生産しているのか把握できる
○羽をイオン水とオーガニック石鹸で洗浄

「羽毛ふとん・羽毛枕」はどの様に作られているのか?

羽毛布団を長く使っていると匂いがするのは、羽毛に残った皮膚の油でした。
その匂いを防ぐために、自社で地下水をイオン化し、汚れが落ちやすい水を使って洗浄しているそう。
洗浄に使うのはオーガニックの石鹸を使っているので、
オーガニックの石鹸を使っているため、匂いが圧倒的に少ないとのです。

どんな人におすすめですか?

●日常使いにリビングで
●寒い日の布団の上から重ねて

生活の中に密着して気軽に取り入れてみてくださいね。

どうやって洗うの?

 

羽毛をイオン水で洗浄、油脂臭を除去し、
100℃以上高温で殺菌乾燥していますので石油系洗剤を使う
ドライクリーニングが不要、水洗いを推奨しています。

しっかりと陰干しの風通しの良いところに置いて、
エアリング(空気を通してあげること)してください。

使用したお客様の感想

「羽毛は暖かくて軽いのですがなんだか柄や
臭いが嫌で今まで避けていました。
こちらは羽毛の出所もしっかりしていますし
何より清潔に使えて嬉しいです」

「色々な産地の羽毛がありますが
デンマーク産がこんなに良いなんて知りませんでした。
子供が布団に顔をスリスリしても、
もっとして良いよって思ってしまうぐらい」

冷え性でお悩みの方に、厚く重い掛ふとんが苦手な方に、
ハウスダストやダニアレルギーでお悩みの方にぜひ使用していただきたいです。

【商品ラインナップ】

○羽毛ふとん


○羽毛枕

【原材料】
○羽毛ふとん
○羽毛枕

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

北欧で巡り合ったシンプルで用に耐える製品たち

「有機農業未来都市」食料危機を救う無農薬と有機農法を合わせた果物作り

関連記事

  1. 衰退した地域を盛り上げたい想いから生まれたレモングラスという施策

    2018.10.04
  2. 現代人の原因不明な慢性症状はミネラル不足が原因?体質改善させる古代植物の地層から…

    2017.12.16
  3. 今年もしっかり準備。IN YOU Marketがオススメする風邪対策特集!

    2018.10.23
  4. おじいちゃんの蓮根を守る!その想いから農家に転向した兄弟が生み出す、こだわりが詰…

    2018.12.11
  5. オーガニックWebマガジンIN YOU編集長の松浦 愛が、あなたに贈る新オーガニ…

    2018.11.20
  6. 私たちは、まだ日本で認知されていない「針なし蜜蜂のハチミツ」を届けるために研究を…

    2018.05.21

最近の記事

PAGE TOP