Loading

生理痛、PMS、ストレス、ニオイの問題を軽減するために積極的アプローチで解決できる、 デリケートゾーン専門のアロマオイルと使い捨て布ナプキンを開発


IN YOU Maketに使い捨て布ナプキンとデリケートゾーン専用オーガニックアロマオイルを出品している
只野さんにお話を伺いました。

生理時の気になる匂いとデリケートゾーンを守る

私は布ナプキンを専門に10年企画販売してきました。

私にとって布ナプキンはなくてはならないもので、布ナプキンを使っているお客様も、
継続してくださる方がとても多いです。

おりものトラブルや生理にまつわる悩み、年齢を重ねて身体を大事にしたい、ことなどから、布ナプキンにたどり着きますね。

布ナプキンを使うことで冷えが改善し生理痛が軽減したというお客様の声は届いていますが、
決して医薬品ではありません。

生理にまつわる様々なトラブル生理痛、PMS、ストレス、ニオイの問題…を軽減するために
積極的アプローチで解決できる、
デリケートゾーン専門のアロマオイルを開発することになりました。

デリケートゾーンのトラブルには軟膏、ローションやクリームなどが考えられますが
匂いの気になるショーツや布ナプキンにもプラスアルファで何かできないか?と考えていたところに、
イギリスからクリニカルアロマセラピストが来日するということを知ったのです。

クリニカルアロマセラピスト監修のアロマブレンド

アロマセラピーカンパニーの創設者、ルイーズ・カーター氏は、
イギリスの医療系のアロマテラピーを扱っている、クリニカルアロマセラピストです。
(※写真右側がルイーズ・カーター氏。左は只野さまではなくアロマ会社の方です)

創業者のルイーズ・カーター氏は老舗のアロマセラピー会社にて講師、商品開発を担当し、
化粧品開発に20年以上のキャリアがあります。

2012年創業のアロマセラピーカンパニーは、で日本でも学校とサロンがあり、
世界各国のクリニカルセラピストやSPA経営者、医療従事者たちが信頼を寄せています

ルイーズ先生は英国屈指のプロフェッショナルクリニカルセラピストとして活躍されていて、
伝統的な植物療法と近年研究されている最新化学を組み合わせた、
オリジナルアロマセラピーブレンドを開発しているのです。

ルイーズ先生と一緒に生理や女性特有の悩みにアプローチしてくれる、
3種類のアロマオイル
を開発しました。

ブレンドオイルを購入する

ショーツに直接つけても安心なオーガニック100%のオイル

このブレンドオイルの特徴は、直接布ナプキンやショーツにつけて使えること。

オーガニックのアロマオイルで、デリケートゾーンに使えるものは、他にはありません。

デリケートゾーンの気になる匂いに、ふわりと香る自分のためのアロマオイルです。

アロマオイルを布につけると、柑橘系などはシミになってしまいますし、強いアロマオイルは
布ナプキンやショーツにつけるとトラブルが心配ですから、アロマ選びと香りの仕上がりにはとても時間がかかりました。

それぞれの悩みにアプローチしながら、
落ち込みがちな気持ちを少しでも明るく出来るお手伝いができればと、
布ナプキンやショーツに直接つけても安心なアロマオイルをブレンドしました。

経皮毒のことはよく知られていますが、悪いものではなく逆に体に良い成分も皮膚から吸収できると思いますし、
香りは脳にダイレクトに届きますから、精神的にもケアしてくれるアロマオイルを目指しています。

ルイーズ先生は、円グラフを使ってプラスになる量や強すぎてマイナスになる量を
一滴単位で調整して作ってくださるので、ただ良い香りなだけでなく、
デリケートゾーンに積極的にアプローチ出来る、他にはないアロマオイルです。

ブレンドオイルを購入する

気分に合わせて使える、デリケートゾーン用3種のオイル

このデリケートゾーン用アロマオイルは、3つのブレンドを用意しました。

一つ目は、ハピネスという、リフレッシュ、幸せ、抗不安に効果のある香りをブレンドしたものです。

最初はグレープフルーツのフレッシュな香りが楽しめ、後からパロマローザなどの
女性らしい甘い香りがほんのりと顔を出します。最後はふわりと香るローズに。

二つ目の、アミュレットは一番人気のブレンド。

クラリセージ、ゼラニウムなどが含まれ、女性ホルモンのバランスに働きかける香りで、
生理前の不調やイライラ、抗不安感の予防に。


三つ目は、おりものトラブルのためのルクリア

ティーツリー、カモミールなどが含まれ、抗炎症、免疫力アップ、リラックスなどが期待できます。

厳しい認証を受けたオーガニックオイルで自分だけが楽しめる香り

このデリケートゾーン用アロマオイルは、オーガニック100%で、肌に刺激の少ないオイルを選んでいるので、
布ナプキンに直接つけても安心なブレンドオイルです。

オーガニックのアロマオイルは数々ありますが、このアロマオイルは英国最大の有機認証機関である、
ソイル・アソシエーション・サーティフィケーションによるオーガニック認証マークがついています。

EU規則やその他の国の基準と比較しても、より条件の厳しい基準を設けているから、
他のアロマオイルに比べて安心して使えます。

デリケートゾーン用のオーガニックのローションやクリームなどもありますが、
アロマオイルの成分は僅かしか入っていません。

このデリケートゾーン用アロマオイルは、生理中の気になるニオイを、合成の香りで誤魔化さず、
自分だけが楽しめる、安心安全で有効成分が多いアロマオイル
です。

ブレンドオイルを購入する

手軽に使えてデリケートゾーンに優しい使い捨て布ナプキン

布ナプキン専門店として10年携わってきましたが、今回使い捨て布ナプキンも出品しています。

このナプキンを開発するにあたって、実は、社内でも物議をかもしました。

洗って繰り返し使えるのが布ナプキンの良さ。

ですが、布ナプキンに変えるとなったら全部変えなくてはいけないのでは、ハードルが高くなってしまいます。

私どものお客様も、100%布ナプキンの方は半数で、残りの半数は紙ナプキン併用派です。

外出時や、仕事中でなかなか変えられないとき、ポーチを持ち歩くのが恥ずかしい時、
もっと気軽に安心して過ごせる方法がないか…。

私は布ナプキンが大好きなので、使い捨てにするなんてもったいない!と、最初は反対でした。

でも、状況的に仕方なく、罪悪感を持ちながら使い捨てナプキンを選択しているとしたら。ファーストフードがカラダに良くないと思いながら、お腹を満たすために食べる事に似ているな、と思ったのです。

嫌だけどしょうがない、それしか選べない、というのは精神的に良くないですよね。
そんな時の気持ちを軽くするお守り的な存在として、使い捨て布ナプキンを開発しましたが、
予想に反して売り出したら大人気となりました。

布ナプキンを一度使ったけど面倒くさくて辞めてしまった方、トラブルが少ない方は、
この使い捨て布ナプキンが1枚あればデリケートゾーンのバリアになってくれます。

使い捨て布ナプキンを購入する

生理期間をハッピーにするオーガニックアロマと使い捨て布ナプキン

使い捨ての紙ナプキンを使うと、最初は体温と同じだから温かい月経血が時間と共にゼリー状に固まって冷え、
知らず知らずのうちに体を冷やしてしまいます。

ビニールや高分子吸収材で蒸れているから冷たいと感じないけれども、体は冷えてしまうのです。

紙ナプキンの上に布を一枚重ねることでふわっと温かくなり、
かゆみや肌の黒ずみなども防止
してくれます。
表面だけ「コットンシート」の使い捨てナプキンとは布の厚みと肌触りが全く違います。綿は天然の吸放湿性があり、ムレ感も和らげてくれるんです。

布を捨てるもったいなさはありますが、憂鬱な生理の期間を手軽にハッピーに過ごすための
一つの手段として取り入れてみてください。

全て布ナプキンだけという方も、使い捨て紙ナプキンと併用の方も、
生理の期間を少しでも快適に過ごしてもらいたい。

心も体も気持ちよくするために、デリケートゾーン用アロマオイルや
使い捨て布ナプキンをぜひ試してみてくださいね。

使い捨て布ナプキンを購入する
ブレンドオイルを購入する

PROFILE

越野美樹
越野美樹
アトピーをきっかけに、オーガニック野菜や伝統調味料を取り入れて完治。心や体の内側から美しくなるお料理をお伝えしたくて、ビオ野菜と乾物を使った料理教室「野菜と乾物 藤野料理教室にじ」をはじめる。毎日の献立作りに悩む方に、食事作りが楽しくなるような提案をしています。毎日着物で過ごし、本を出版するのが夢。IN YOU公式ライター。ウーマンエキサイト、オリーブオイルライフ、お味噌汁復活委員会ライター。
ビオ野菜と乾物 藤野料理教室にじ http://www.kosibun.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大切な娘の健康を考えて作った、口コミだけで販売を開始した身体と心の力を取り戻す空気パンツとは

人間に必要なほぼ全ての栄養が豊富にバランスよく含まれるおそるべし次世代の植物モリンガの魅力とは。

関連記事

  1. 農薬や化学肥料を使わない、絶滅が危惧されている野生のぶどうを使った無添加コスメ

    2017.09.04
  2. 口コミだけで広がり、今では日本代表スポーツ選手の食事に取り入れられる、スーパー深…

    2017.11.08
  3. 無農薬米の安全・安心な米づくりを50年以上。ガン闘病で食養生されている方を想い焙…

    2018.05.24
  4. 温度や湿度の些細な違いで味が全く変わってしまう。協力者を得てようやく出来た、プル…

    2018.05.10
  5. 亡き父が自ら現地で見つけ出したニュージーランドで親しまれる自然の抗生物質「オーガ…

    2016.09.26
  6. 残留農薬、化学物質といった「現代の毒」から日本の消費者を守りたい!今すぐ、手軽に…

    2018.11.30

最近の記事

PAGE TOP