Loading

きっかけはフィリピンでの展示会。製造者との出会いでフードロス に関心を持った。


「マンゴーフラワー」「バナナフラワー」「ココナッツジャム」「ココナッツサイダービネガー」の出品者さんは、
「フィリピンの展示会でこの商品達に出会いました。
「ココナッツフラワー」と「バナナフラワー」に関しては名前からして惹かれました。」と語る。

展示会をきっかけに出会ったフードウェイストを解決する粉

展示会で製造者にこの珍しいマンゴーやバナナの粉について聞くと、
「今まで捨てられてしまっていたマンゴーの種や形が悪く見栄えが悪いなどの理由で
店頭で売ってもらえないバナナに注目し、廃棄を減らすことができないか、
農家の方に収入を与えられないかとこれらを粉にすることを考えてこの製品を生み出したそう。

環境への配慮、フードウェイストを無くそうという
「もったいない」精神と、農家さんを支えたいという熱意に共感し、
製造者を通してこれらに貢献ようと決めた。」

と食糧や環境問題に関心のある出品者さん。

パンやケーキ作りにに気軽に使えて、社会問題を変える
一つの活動に加担できるのもこの商品の魅力である。

「日本ではオーガニックブームと共にグルテンフリーが言われるようになってきましたが、
現在日本で流通している多くの米粉は遺伝子組み換えは大丈夫でしょうか。
また農薬は使われていないのでしょうか。」

と疑問に思うことがあるという。

「一方、マンゴーやバナナはフィリピンに自生する
どこにでも自然になっている作物です。
特に粉にされるマンゴーやバナナは輸出用のそれと違い
農薬や遺伝子組み換えの心配がありません。

そのためこれらを日本に輸入することで安心安全な粉を皆様にお届けできると思いました。」
ブームの盛り上がりの先もしっかりと見つめ、
美味しいだけではなく安全を届けようと言う想いが伝わってくる。

「素材そのものですので色も味もそのままです。
以前日本の商社さんがこの製造者に対して「粉を白くできないか」と聞いてきたそうです。
白くするというのは漂白することになりますので、
それでは元も子もなくなってしまいます。
素材に何も加えていないことがこだわり
です。」

製造者も自然なものに対するこだわりを持っていることが伺える。

フードウェイストを解決する商品の特徴について

「マンゴーフラワーは、栄養価の高い種を粉しているため、
粉は多少苦みがありチョコを使ったケーキやお菓子作りにお勧めです。

クッキー作りにはシナモンなどのスパイスやレーズンなど味のあるものと混ぜると良いですよ。
パンを作る際に全粒粉や小麦粉などと混ぜるのも良いです。」

「バナナフラワーはバナナの香りがし、
粉もほんのり甘さがありますのでそのままお菓子作りにお使いいただけます。
クッキー作りに私はカカオニブ、オーツ、胡桃などを
混ぜて焼きますがバナナの甘い香りと味がして美味しいです。
チョコレートケーキなどにももちろんお使いいただけますし、
タルト生地を作る際にも使っています。」

最後にどんな人に使って欲しいかを聞いてみた。

「グルテンフリーな生活をしている方
グルテンアレルギーの方
健康に気を使っている方
米粉以外の変わったグルテンフリーの粉を探している方
「マンゴー」や「バナナ」が好きな方
に手にとっていただきたいですね」
と話してくれた。

マンゴー・バナナフラワーを買う

フードウェイストを解決する粉に出会った展示会で

ココナッツジャム

「ココナッツのジャムも同じく展示会で出会いました。
様々な会社がココナッツジャムを販売しておりましたが、
ここのジャムは質も味も良く、JASマークを取得しているものもありより安心でした。
日本で添加物の入っていないココナッツジャムは
ほぼ見かけないので輸入してみたいと思いました」 と語る。

「添加物の入っていない、それでいてココナツミルクとモスコバドシュガーでできている
ココナツジャムは日本ではとても珍しいです。
基本的に市販のものはどれも添加物、不自然なものが入っていて驚きます。

モスコバドシュガーはフィリピンに自生する
サトウキビの事で精製されていないお砂糖です。

どこにでもなるので農薬の心配がございません。
またジャムに含まれるココナッツミルクはオーガニックです。
素材がそれぞれ良いので余計なものを加える必要がなく、素直にに美味しくいただけます。」

と出品者さんは他社とのココナッツジャムの違いを話してくれた。

ココナッツサイダービネガー

「製造元は世界各国(ヨーロッパ、アメリカ、アラブなど)に
ココナッツ製品を輸出しているオーガニック製品ににこだわった大本の会社です。
この製造元のココナッツオイルなどが世界各国でリパックされ、
また石鹸などに加工されその後また世界各国へ輸出されています。

「実はフィリピンにもこの製造元のココナッツオイルなどがアメリカやヨーロッパから逆輸入されたものが
スーパーなどで売られているという状況が起きています。製造元からは直接仕入れずに。」

と言う社会的な事情を話してくれた。

ビネガーが苦手な人でも飲める!ココナッツサイダービネガーとの出会い

「私はアプルサイダービネガーを以前取り入れていたのですが、
どうもあの酸っぱさが息を止めないと飲めないでおりました。

このココナッツサイダービネガーを見たとき、
同じように酸っぱくて美味しくないのだろうと
ネガティブに思っていたのですが飲んでびっくり、

とてもマイルドで美味しかったのです。冷えてなくても飲めました。
美味しくてアップルサイダービネガーよりも
栄養が高いということでこれは日本人にも受け入れられる、と確信しました。」

ビネガー独特の香りや味で取り入れたくても挫折してしまう人は確かに多い。
そんな人々の手にとってもらえる商品と、出品者さんは確信したのでしょう。

ココナッツジャムとココナッツサイダービネガーの特徴についてこう語ってくれた

「ココナッツジャムに使われるモスコバドシュガーは
農薬の心配がなく、ジャムに含まれるココナッツミルクはオーガニック
素材が良いので余計な添加物を加える必要がなくシンプルに楽しめます。」

ココナッツサイダービネガーはまだ日本でほぼみかけないと思います。
ココナッツビネガーはありますが別物でしてアップルサイダービネガーの代替品になります。
アップルサイダービネガーと比べると圧倒的に美味しさ、飲みやすさが違います。」
と飲みやすさについても教えてくれた。

「お客様からはココナッツジャムをお味見いただくと、
美味しいと数回おかわりいただく方もおります。

ココナッツサイダービネガーは、飲みやすい!酸っぱくない!と
今までのビネガーの概念を覆された!
とおっしゃっていただきます。」

最後にどんな人に使って欲しいかを聞いてみた。
「ココナッツが好きな方
ヴィーガンの方
無添加、自然のものにこだわる方に手にとっていただきたい」
と話してくれた。

ココナッツジャム・ビネガーを買う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インドの友人から教えてもらったヘアケアを使ってみてヘナの魅力にのめり込んだ

ハーブを通して社会問題を解決。より豊かに、より幸せに。

関連記事

  1. 一度は諦めた発芽発酵玄米が、家族で身近になった炊飯器

    2018.08.02
  2. 世界のミシュラン3つ星店で使われる世界最強の美味しすぎるオリーブオイルと今最大の…

    2017.03.26
  3. 亡き父が自ら現地で見つけ出したニュージーランドで親しまれる自然の抗生物質「オーガ…

    2016.09.26
  4. IN YOU Marketが厳選!免疫力保持に役立つはちみつ特集!

    2018.10.29
  5. 現代人の原因不明な慢性症状はミネラル不足が原因?体質改善させる古代植物の地層から…

    2017.12.16
  6. 衰退した地域を盛り上げたい想いから生まれたレモングラスという施策

    2018.10.04

最近の記事

PAGE TOP