Loading

『南の国々』に出向くと私の途上国のイメージは音を立てるように崩れていった。 その理由を今からお話しします。


今回お話を伺ったのは、
ハニーハンターとして活躍されている米川さん。
IN YOU Marketにはちみつを出品していらっしゃいます。

『途上国』という言葉の裏にあるもの

幼少の頃より、自然環境というものに強く関心を惹かれていました。
雄大な自然を誇るオーストラリアに暮らしたことも理由の一つかもしれません。

漠然と環境を保全するような生き方、
そして仕事に就きたいという思いは絶えることなく、
成長につれ、私の核となっていきました。

そして学生時代、グローバル経済を学ぶなかでターニングポイントが訪れます。

まず痛感したのは、私たちの暮らしがいかに南の国々に支えられているか、ということ。
世界のおよそ8割は『途上国』だと言われています。
では、そもそも南の国々とはどんな国なのか?
疑問がふったように湧いてきました。
そこで、私は実際に南の国々に出向いてみることにしたんです。

ここで、私は『途上国』という言葉の裏にある真実を目の当たりにしました。
皆さん『途上国』と聞くと「貧しく、哀れ。支援が必要な国」そんなイメージをお持ちではありませんか?
これは、私たちが勝手に抱いたイメージに過ぎなかったのです。

有限な地球環境

『途上国』と呼ばれる国に出向くたび、
そのイメージは音を立てるように崩れていきました。

そこにあったのは、必要最低限の暮らしを慈しみ、幸せに暮らしている姿
ときには農村ではバイオガスを利用して調理をしていたり、
太陽光発電でテレビや携帯電話の充電をしていたりする人に出会うことが大変多いのです。
彼らは、自然が有限であることを体で理解しているようでした。
その結果として、環境を守りながら、持続可能な暮らしを送っている。

その姿は、決して哀れではなく、
物や貨幣に囚われている先進国の暮らしより豊かであるようにさえ、私には感じられたのです。

ただ、同時に彼らの暮らしを犯すほど、環境破壊が進んでいる現実を見ることも多くありました。
環境破壊の根底にあるものは、私たち先進国の膨大な消費活動
この矛盾を解消するためにも、何かしなくては、そんな思いが強くなりました。

はちみつとの出逢い

地球環境には幼い頃から、興味がありましたが、はちみつにはまるで興味がありませんでした。
むしろ、ピリピリと舌を刺激する味やベタッとした甘味が苦手、と思っていたほど。

その概念が覆されたのは、『途上国』と呼ばれるネパールではちみつを食べたときのこと。
口にした瞬間、口、そして頭の中に広がったのは色とりどりの花畑
今までのはちみつはなんだったんだ!?と思うほど、美味しく、幸福な味わいでした。

その途端、明確なビジョンが私の中に浮かんだんです。

ー南の国々と呼ばれる国の養蜂家が環境を守りながら作ったはちみつを日本に届けるー

この方法なら環境を保全するという夢とビジネスが両立できる。そう確信しました。
まさに点と点が繋がった瞬間。これが約8年ほど前のことです。

はちみつを買う

養蜂家との絆

私の事業では、『途上国』と呼ばれる国々を『南の国』と呼んでいます
現地に赴き、感じたゆっくりと流れる時間を南の暮らしにリンクさせ、表現したもの。

そのゆっくりと流れる時間に合わせるよう、年に数回、ネパールに飛び、
地元の養蜂家の方と交流を深めていきました。

ビジネスと言いましたが、当初は信頼関係を築くことがメインだったように思います。

はちみつは、文字どおり、蜂の集めた樹木や花の蜜のこと。
当然ですが、はちみつを採取するには、健康な蜂、そして美しい自然がなくてはなりません。

多くの関わりを重ねながら、
豊かな自然があって、蜂がいて、その副産物としてはちみつができる。
蜂からわけてもらったはちみつを広めることで経済活動が生まれる。
この重要なサイクルを共有していく、そんな時間でした。

植樹の実現

豊かな自然を守る重要なサイクルの一手として、当初から頭にあったのが植樹

というのも環境破壊だけでなく、自然災害などもあり、ネパールでは木がどんどん減少している最中でした。

関わり合いを続けるなかで、だんだんと地元の養蜂家のみなさんもその現実に積極的に目を向けるようになっていき、
ついに2014年から本格的に植樹を開始

販売しているはちみつの生まれ故郷では毎年、多くの木の苗が植えられています。

自分の目で、舌で判断すること


ネパールはもちろん、そのほかのはちみつもハニーハンターである私が現地を訪れ、
自然環境を守りながら、作られたはちみつを厳選しています。

はちみつを買う

そのどれもがあのペルーで食べたはちみつのような衝撃的な美味しさを感じられるものばかり。
他では手に入らないものを多く揃えていますが
とにかくどれをとっても甲乙つけがたいほど、美味しい!と自負しています。

今の時代を生きるという共同意識

はちみつはミネラルやビタミンが含まれているので、吸収も良く、体に負担が少ないことで知られています。
さらに体内で分解不要な糖類構造なので、
エネルギーにすぐ変換される、口内炎や喉の痛みの緩和など、その健康効果は計り知れません。

〝健康に良く、美味しいはちみつを楽しむことで、環境保全の一端を担うことができる〟

買ってくださるお客様とは、こんな未来へ続くパートナーシップを結んでいけたら、と思っています。

世界を取り巻く環境は、年々厳しいものになっています。

その問題のどれもが、1人で解決することはできません。

それぞれがいかに意識を高く持ち、アクションを起こし続けることができるか。
年々、その必要性が高まっているのではないでしょうか。

私自身、この蜂蜜を通して、地球環境を守るアクションを起こし続けたいと思います。

はちみつを買う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日本で160年以上の歴史ある工場が製造。最後の一滴まで香る、9種類の美容オイルを配合したジャスミン、ローズ、ネロリ、3種の香りが楽しめる無添加バームとは。

毎年あかぎれるほど悩んでいた乾燥肌。そんな時に出会ったウガンダ産シアバターの奇跡とは?

関連記事

  1. 60年以上の歴史を誇る漢方調剤師が監修した漢方生薬でできた温浴のこだわり。

    2016.11.25
  2. 400年の歴史を持つ石鹸製造者の「トゥベレ一族」が作る、使う人も、作る人も笑顔に…

    2018.05.02
  3. 添加物ゼロ。シュガーフリーとグルテンフリーをかなえた夢のスーパーカレールーとは

    2017.02.22
  4. 頭皮環境・髪質や育毛習慣の改善へ。無農薬・コールドプレスで抽出した、ブラックシー…

    2018.05.31
  5. 農薬などが飛んでこないよう、 茶畑には山間部で林に囲まれた場所を選ぶほどのこだわ…

    2017.07.11
  6. 化学物質過敏症のために移住。そこで出会ってきた人たちのおかげで出来た、愛情たっぷ…

    2018.02.23

最近の記事

PAGE TOP