Loading

子ども達が安心して食べられるおいしいものを作りたい。栽培期間中の農薬不使用に成功した本当に美味しい苺のストーリー


IN YOUMarketで販売されている苺。

苺は果物の中でも残留農薬が高い果実、皮をむかずに食べるので尚更です。

糖度が高くて果皮が柔らかく、とても繊細な苺は病気や虫のリスクがとても高いのです。

そんな中、神奈川県「福姫会」の栽培期間中の無農薬の苺を栽培している長嶋さんのお話を今回は伺いました。

「農薬を使わずに育てられた「いちご」」詳しくはこちらから

農家の健康被害も深刻。子ども達に農薬たっぷりなものを食べさせるのはイヤだ!

「一旦いちごに農薬を使い始めたら、毎週農薬を散布しなきゃいけないんですよ。

止められないんです。

もちろん散布する時はマスクをしていますが、自分にもかかります。

身体に症状がでた訳ではないんですが、気になるしイヤですよね。

農薬の量がわかるからこそ気になったんです。

そして、こんな農薬まみれの野菜や果物を

子どもたちに食べさせたくなかった。

どうにかして、安全で身体が喜ぶものを作りたかったんです。

福姫会は“子ども達が安心して食べられるおいしい野菜”と言う意味もあるんです。」

今までの栽培方法だと、農薬を使わないなんて無理

「農薬を使わないで育てるなんて、

頭がおかしいと言われましたね。笑

農家が農薬の恐ろしさをわかっていないんです。

農薬を散布する時は皆んなマスクをしていて、

うちは農薬ではないから、マスクをする必要もなかったんですが、

説明するのも面倒だったのでダミーでマスクをしていました。笑

周りに理解してもらうことが大事ではなくて、

本当に安全で美味しい野菜や果物を作ることが私の目的だったんです。」

酸化還元検証を苺でとりたかった。

「自分たちの農法を追求していく中で、酸化還元という考え方に出会ったのです。

苺で酸化還元検証の基準をクリアして取得した農家はいないんです。

だから苺でどうしても証明したかった。

オーガニックだから、有機栽培だからって、安心で身体に良いとは限らないし、

この酸化還元検証でちゃんと数値化されれば、自分たちの苺や野菜を食べることが身体にとっても良いと、

証明されると思ったんです。

農薬は数値に反映されるので、

絶対に使用はできません!

この検証で証明されることによって、

農薬はやっぱり必要なかった。と、

実感することができました。

インフルエンザもかからない。元気な子供たち!

「うちの野菜を毎日食べている子どもたちは、

本当に元気ですよ!笑

学校でインフルエンザが流行っていてもかからない程です。

子どもたちが毎日元気に学校に通っている。

それが嬉しいし、自信にも繋がります。

農薬を使用しないと野菜や果物は育たないと教わってきた。

そのことに違和感を感じて、

その違和感をそのままにしない。

自分の直感力を信じた結果、

11年目に農薬に頼らないで苺を育てることができました。」

毎年研究の繰り返し。一生続きます!

「苺の味も昔は甘さばかりを求めていました。

「糖度計」を使って甘さを調べてもいましたね。

けど、ある時にただ甘いだけだと飽きてしまうな。

と気付いたんです。

苺の美味しさって・・・甘さと酸味と香りのバランスなんですよね。

甘さを上げただけの苺って飽きてしまうけど、

俺たちの会で作る苺は1パックを一気に食べきれちゃうくらい、

身体にスーッと入ってきます。

それからは糖度計で測るのを止めて、自分の舌のみで味を確認。

味はもうこれ以上美味しいものはできないと、

思っている程の美味しさになってきています!

これからの課題は味のムラを無くすことですかね。

これからも研究は続くし、一生続くんじゃないかな。」

本当の野菜や果物の力はすごい!

「植物が健康だから、果実は良い形になります。

中身も外身も自身があります。

普通のスーパーに置いてもらうにしても

安いものの隣に置かれてしまうと勝てませんよね。

残留農薬が心配だから、とかマイナスからのイメージでオーガニックを始める方が多いと思いますが、

正しい知識で育てられた野菜の力は本当にすごい。

身体の調子が悪くなってから薬を飲んだり、病院へ行くのではなく、

それを跳ね返す免疫力をつくるのが食べ物。

その力を信じて安全で美味しくて、

健康になれる野菜や果物が必要なんです。

そして私はまだそれが本当に必要な人たちに届けられていないのが、福姫会の次のテーマです。

健康を維持する為にこの苺を美味しく食べて欲しい。

届いてくれると良いなと思っています。」

農薬が気になる。栽培方法が気になる。

現代では様々な問題が目に見えてわかってきていますね。

野菜や果物の本来の力ってなんだったのかわからなくなってしまっています。

生産量や効率性ばかりに気を取られてしまい、

本当に大切なことを見失ってしまっています。健康な植物が自然に作り出してくれる力、

それを手助けする人たちと栽培方法の結晶がこの苺。

この福姫会長嶋さん達の愛情がたくさん詰まってできた「苺」。

感動する程の美味しさと一粒の満足感。

水々しさと、身体が喜んでいるのがちゃんと数値化もされています。

日本で唯一の「苺」。

こんなに美味しい苺を独り占めするのはもったいない!

春はお祝いの季節、ご家族や大切な人に届けるのもオススメです。

毎日の心とからだを維持する本物の苺を、是非お試しください。

「農薬を使わずに育てられた「いちご」」詳しくはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

南アフリカから生まれた野生のルイボスティーが日本の未来を支える

本葛作り一子相伝、本葛の本来のパワーを失った「葛コピー品」の数々。その実態を葛職人、髙木氏が語る!

関連記事

  1. 農薬などが飛んでこないよう、 茶畑には山間部で林に囲まれた場所を選ぶほどのこだわ…

    2017.07.11
  2. 私たちは動物性の堆肥すら使いません。有機野菜をはるかに超える本物のオーガニック野…

    2017.09.14
  3. 昔ながらの道具と農法で手間暇かけて育てた、和田さんと鈴木さんが作るエネルギッシュ…

    2018.07.31
  4. 添加物ゼロ。シュガーフリーとグルテンフリーをかなえた夢のスーパーカレールーとは

    2017.02.22
  5. ガーナで出会った自然からの贈り物!健やかな素肌を作ってくれる、伝統的製法で未精製…

    2018.02.07
  6. オーガニックサプリのおかげで薬を止められた!陰と陽のような相乗効果が期待できるこ…

    2018.02.06

最近の記事

PAGE TOP