Loading

日本で有機のものを増やしていきたい!そんな想いから始めた、酵素分解によって絞られた栄養素が丸ごと残ったままの有機人参ペーストとは


IN YOU Marketに「オーガニック人参ペースト」を出品している、藤井さんにお話を伺いました。

日本で少しでもオーガニックが広がるように、
外食業者としてできることを

私たちは、山口・広島県での外食業を中心に行っています。

最初に始めたのがうどん屋で、当時小さかった我が子にも安心して食べさせられるようなものをと、

国産小麦、天然鰹節、有機醤油など可能な限り原料にもこだわりました。

今もそのこだわりは変わりません。

安全・安心・健康をポリシーとして、
日本で有機のものを増やしていきたいと考えています。

田舎で外食業のみをやっていくのは、大手の参入もありなかなか厳しいご時世です。

今後を検討している際に、酵素分解に関する様々な特許を持っている方と出会いました。

その方は80歳を超えていて「もう辞めたいから引き継いでほしい」と言われたのが、

オーガニック人参ペーストを作ることになった始まりです。

皮を薄く剥いた人参が丸ごと粒子の細かいペーストになっているので、

今まで味わったことのない喉越しに感動して頂けるかと思います。

栄養価が活きた人参を手軽に、サプリメント感覚で。

そのまま飲んでも美味しく、

スムージーやドレッシング、パンやお菓子作りの材料にもおススメです。

固形物が食べられない方や、食欲がない方にもぜひ召し上がって頂きたいです。

人参ペーストを買う

日本でのオーガニック野菜拡大の想いを共に持って、
消費頂ける方がいたら非常に嬉しいです。

業者向けオーガニック食材の販売は非常に難しいことだけど、
オーガニック市場拡大の為に必要なこと

人参に行き着くまで、様々な食材での酵素分解を試しました。

例えば黒ごまは今沖縄の乾麺に使われていますが、他の色々な野菜で試しても売れませんでした。

かぼちゃは飲めない、とうもろこしはそれなりに美味しいけれどスープの方が美味しい。

試しに展示会に持って行ったら美味しいと評判だったのが、人参でした。

ジュースと違ってカスを出さずに丸ごとそのままで美味しい、

粒子が小さいからこその今まで経験したことのない喉越しが、好評価のポイントです。

オリンピックの東京開催決定後、少しずつオーガニックが注目され始めた波の中で、

パン屋・ケーキ屋・スムージー屋・サラダ屋など徐々に売れ始めました。

ロシア・中国・香港・台湾など、諸外国企業の方々からの反応も良く、嬉しいです。

皆さんがご存知の企業とのコラボレーションも、今少しずつ始まっているところです。

100円でも200円でも安いものを求める消費者が多い外食産業で、

オーガニック食材を販売することは、非常に難しいことです。

売れないのは、業務用だからというのも理由の1つかもしれません。

ですが、外食で、より安全・安心・美味しいを実現していく為には、
業者向けオーガニック食材の販売は必ず必要なことです。

世の中を変える為に自分たちのできる範囲でやっていこうと、あえて挑戦しています。

栄養素を残したまま、丸ごとペースト化できる酵素分解

酵素分解とは、野菜・果物の食物組織を分解する酵素を使って、

植物性の組織を40−50度の低温で分解するもので、

粒子をすごく小さくすることができます。

酵素と機械の両方が特許となっていて、現在私たちが使用権を持っています。

他のペーストはpH調整されていたり120ー130度での高温殺菌がされていたりするので、

栄養素が壊れていて味も違います。

ジュースだと、搾りかすが出ます。

酵素分解した人参ペーストは、

丸ごと低温分解されることにより、人参そのものの栄養素が生きたまま残っていて

産業廃棄物となる搾りかすも出ません

また、微細なので他の物とも混ざりやすく、アレンジする際の使い勝手も良いです。

固形物を液体にしているような、

今まで味わったことがない喉越しの良い美味しさを、ぜひ味わってみて頂きたいです。

きっと、他の人参ジュースが水っぽく感じられると思いますよ。分離もしにくいんです。

人参ペーストを買う

農業にも参画、原材料のオーガニック人参作りに挑戦中

原材料の人参は現在、

日本全国の有機JAS認定の農家さんから仕入れ、有機JAS認定工場で加工しています。

オーガニックを広める為には、自分たちでも有機野菜を作ってみないと分かりません。

従業員の志・精神基盤を共有する為に、2年前より山口県防府市で農業も始めました

今は有機認定を目指しているところで、来年に取得できそうです。

現在の収穫量はまだ多くないですが、できた農薬不使用人参はお店で使用しています。

その他、規格外品を使用して農業所得を少しでもカバーすることにも取り組んでいます。

持続的に行っていく為に損は出せないのでバランスを図っていくことが必要ですが、
世の中が徐々に変化していくのを見ながら、また自分たちも変化に影響しながら、
自分たちにできることを少しずつ行っていきたいです。

一緒に、日本全体にオーガニック野菜を増やしていきましょう!

業務用販売と同時に、より多くの皆さまに知って頂きたく、

製品の良さを分かって頂けるであろうIN YOU読者の皆さまに販売することに致しました。

オーガニック野菜を作ることは、非常に大変なことです。

私たちのオーガニック人参ペーストを飲んで頂くことにより、

一生懸命頑張っている有機農家さんは助かります。

日本全体に少しでも、オーガニックが広がっていってほしいと考えています。

その為には、消費者の皆さまのサポートが必要です。

ぜひ、一緒にオーガニック野菜を広げましょう!

人参ペーストを買う

PROFILE

佐野 亜衣子
佐野 亜衣子
〜身体にやさしく地球にやさしく。子どもたちの為に美しい地球を〜
A&T(株)代表取締役。オーガニックライフコーディネーター。
オーガニックライフの実践により、学生時代より慢性的だった生理不順と不正出血を克服し、自然妊娠・出産。母となってから、子供を育てるだけでなく、地球を未来に繋いでいくことも親の役目ではないかと考えるように。
前職での経験を活かし不動産投資事業を営む傍ら、オーガニックライフの心地良さを伝えながら消費者と、良質なオーガニック製品・生産者を繋いでいる。オーガニック製品の広告をはじめ、オーガニック製品メーカーのオンラインショップ運営代行、小売り代行、また多くの人にオーガニックライフを気軽に体験してもらえるワークショップ開催などを手がけている。
夢は、オーガニックな不動産開発・オーガニックな町おこし!
東京都在住。食生活アドバイザー。
Instgram
ブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アトピーにぜんそく、強度のアレルギーに悩んでいた娘に身体に良いというものを世界中から取り寄せ見つけたチャーガとはちみつとは

家族同然である愛犬の健康と幸せのために「人間が食べられるもの」というモットーを守っています。オーガニック認証取得の材料で作ったペットフードとケア商品とは

関連記事

  1. 淡路島のびわ茶と別府の温泉水&温泉化粧水 出品者のストーリー

    2018.08.10
  2. 農薬や化学肥料を使わない、絶滅が危惧されている野生のぶどうを使った無添加コスメ

    2017.09.04
  3. 「安全性で一番になる」を目標に掲げた日本の伝統を支える本物の有機醤油づくりに挑む…

    2017.07.14
  4. 「エビデンスのある商品をお客様に!!」をコンセプトにチェンマイ大学との産学共同開…

    2017.12.08
  5. 日本の農家の99%は農薬を使っている。山梨で”有機野菜ではない”無農薬・無肥料・…

    2018.06.14
  6. グアテマラの古代マヤから続く太古の森が人為的に燃やされている!森を守るためにはじ…

    2017.11.27

最近の記事

PAGE TOP