Loading

注文が殺到しても手に入らなかった幻のお茶。莫大な手間と時間がかかっても、思いがあるからこだわり続けた「自家採種」「無農薬栽培」の幻のなた豆茶とは


IN YOU Marketになた豆茶ティーパックとパウダーを出品している
小山さんにお話を伺いました。

古くから、丹波の地で農家が自家用に作って飲んでいた、なた豆茶。

兵庫県丹波にて、私の実家は代々農家をしており、黒豆・米・野菜を作って私で10代目になります。

父は大納言小豆と丹波栗をを有名にした人です。

農家は皆、自家用の作物も自分たちの畑で育てていますが。自分たちだけでは食べきれない為、

近所の軒先で他の農家と交換をします。

種をもらって販売を始めたら、大好評!

なた豆茶は、周りの中で一部の人が、自分たちで作ったものを飲んでいました。

軒先の集まりで種をもらったのが、私となた豆茶の出会いです。

調べたら、毒消し等とても良い効能を持っているので、育てて、種を取って、

お茶にしやすいように加工して、ネット販売を始めました。

お茶になるまで莫大な手間ヒマかかる貴重な、なた豆茶

なた豆って収穫量がすごく少なくて、多くの人にお茶を飲んでもらえる量を栽培するのは

すごく大変なことです。

初めに自分の畑の片隅で育ててみたら、1年で17本しかできませんでした。

1ヶ月飲もうとすると、3本のなた豆が必要なんです。

だから皆、作るとしても自家用のもので精一杯で、やめてしまう人も多くいました。

私が売り始めたら、「懐かしい〜」とおばあちゃんたちが興味を持ってくれましたよ。

口コミで広がっていった、小山さんのなた豆茶の人気

栽培・販売開始当初は半年で1〜2袋売れる程度でしたが、少しずつ人気が出ていきました。

2004年、テレビ局から問い合わせがあり、「なた豆茶は腎臓に良い」という効能で

放映されたところ大きな反響がありました。

腎臓疾患を患っている方が購入されたりして、その後もあっという間に口コミで人気が広がりました。

その後も学会でなた豆茶の効能が発表されたり、メディアで取り上げられたり、人気はうなぎ上り。

私は当初サラリーマンをしている兼業農家でしたから、売れるだけ売る!というようなことも考えておらず、

製造できた分だけ販売したら完売。半年待たないと、購入して頂けない状態でした。

なた豆茶を購入する

人気が出ると、市場に出回る粗悪品や偽物

口コミで人気が広がったり、メディアの影響で知名度上がったりして行く中で、

色々な企業が「なた豆茶の販売」に参入してきました。

でも、何しろ数が作れないなた豆茶なので、大規模に生産を行っているところは少ないのです。

「なた豆茶特殊ブレンド」と言って、他のものをブレンドして

一体なた豆茶がどれ位入っているか分からないものもあります。

中国産などの輸入物も多かったですね。

中国産が売れないからと、その後自社畑を作ったり農場と提携したりして販売していても、

その沢山の流通量どうやって作っているの?という位畑が小さかったりします。

本当に、なた豆茶なの?!

小さな業界なのでよく分かるのですが、矛盾していて怪しい商品が、

マーケットには沢山出回っています。

たとえ全部ダメになっても、貫き通した「無農薬」と「自家採種」へのこだわり

なた豆茶パウダーを購入する

最初は良い栽培方法が分からなかったので、1年分全て腐らせてしまったこともあります。

雨が多い地なので、薬を使わないとカビが出やすいのです。

無農薬栽培の為にかかる、尋常ではない手間と時間

カビが出ると普通は薬を撒いて殺すのですが、薬を使わないので、

病気になっている種を一つ一つ手で取ったり、根っこごと外します。

また、土に草が生えると病気になりやすいので、ビニールを敷き詰めます。

手間と時間がかかって大変、というのが正直なところです。

収穫も、分別しながら一つ一つ手作業で収穫して、新鮮なうちに加工しています。

質が良い種を自家採種して安定的に栽培していくことが、一番の苦労

毎日夜中の2時まで起きて、試行錯誤の日々が続きました。

飲みやすくて続けやすい美味しい無農薬のなた豆茶を無我夢中で作ること、その種子を増やすことに無我夢中で取り組み、

購入してくれた方に何とか良い商品と思って頂き、役に立つことしか考えていませんでした。

購入者が健康で幸せになることが、何よりの励み

とにかく毎日ガムシャラにやるしかなくて、本当に大変なのですが、

家族中で飲んでくれたりお手紙を下さったりと、お客さんが励まして下さるのが何より嬉しいことです。

小規模なので町役場のバザーなどに出店すると、皆さんわざわざ言いに来て下さるのです。

「このお茶のおかげで、子供が大学受かったわよ!」なんて言って下さった方もいました。

人を健康で幸せにすると確信しているから、なた豆茶を発信し続けよう

と、農家の使命を感じています。

元々は農業が嫌いだったのですけどね(笑)

2007年には、覚悟を決めてサラリーマンを卒業。

毎日100%のエネルギーで、なた豆茶と向き合っています。

なた豆茶を購入する

確実な効果を期待できる、ピュアで美味しい、本物のなた豆茶

特におすすめしたい人は?

副鼻腔炎、糖尿病、通風などに悩む方にはぜひ一度お試し頂きたいです。

それから何といっても腎臓関係

もうすぐ透析になっちゃうよって人が飲んで、透析にならなくて大丈夫になった人がいっぱいいます。

透析になった後だと色々制限があって飲めないこともあるので、透析になる前に、飲んで頂きたいです。

飲み続けてもらえる為に、美味しさもとことん追求

いくら効果があっても、美味しくて飲み続けられなかったら意味がないからね。

私のとこのなた豆茶は、特に美味しいですよ。自信を持って言えます。

ノンカフェインだから、時間を気にせず飲んで頂けます。

(筆者も飲んだところ、何も知らずしても、「このお茶美味しいっ!」と思わず声を出してしまいます。

香ばしくて、でも角がなくてまろやかな味わい。子供も美味しそうにゴクゴク飲みます。)

なた豆茶を購入する


なた豆茶の栄養を丸ごと摂取できる、パウダータイプも発売

お茶としてだけでなく、様々な使い方ができるパウダータイプも発売しました。

お湯に溶かせば、なた豆茶を丸ごと摂って頂けます。

また、ご飯やサラダ、ヨーグルトなどの上に振りかけたり。

人間だけでなくペットフードの上にも。腎臓が弱い場合も多い、猫におすすめです。

歯磨きの際に活用すると、口の中をすっきりさせられますよ。

一切の偽りを許さない、本物品質

きちんと成果が出る種を使うことに拘り、着実に効果が出るお茶になっています。

細かいところでいうと、パッケージの袋にもこだわっていて、

品質を保てるように、遮光性を保ち脱酸素できるような成分を袋の中に入れています。

また、大学と共同で研究・学会発表をしたりとデータからも品質に向き合っています。

ある大学からは、特許製品へ使用したいいう申し出もありました。

2016年には、「ダイエットビューティーアワード」のインナービューティー賞で優秀賞を受賞。

G7伊勢志摩サミットの神戸保険大臣会合にて提供もされました。

美味しくて高品質なお茶を沢山の人に届けたいという強い想いが認められて、とても嬉しいです。

まずは3ヶ月、真剣に飲んでみてほしい

なた豆茶で効果を期待できそうな身体の不調があったら、

まず3ヶ月、真剣に飲んでみて頂きたいです。

ちょろっとじゃダメです。

1日500ml以上を目安に、水分の代わりにしっかり飲んでみて頂いて、

自分の身体に合うか合わないかを、判断して頂けたら良いと考えています。

私たちは、利益追求してトレンドを追っているお茶屋ではありません

なた豆茶一筋の農家から、直接購入すると思って購入して頂けると、嬉しいです。

毎日飲むお茶なので気軽に、美味しさに幸せになって頂きながら、皆さまの健康にお役立ちできるかと思います。

なた豆茶を購入する なた豆茶パウダーを購入する

PROFILE

佐野 亜衣子
佐野 亜衣子
学生時代より慢性的だった生理不順と不正出血を、独自の食事療法により克服。現在4歳の子供を、自然妊娠しました。
「良いもの」と「消費者」をつなげ、自分自身のサステナビリティ〈健康〉と、社会のサステナビリティ〈環境〉を実現させたい。
全ての子供たちが健やかに成長し、未来が希望溢れたものとなるように。
東京都在住。食生活アドバイザー。

ブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

伝統製法にこだわったカツオ、サバ、ムロアジ、イワシ、 昆布、アゴ、椎茸の7種のだしパックと素材を丸ごと粉末し手軽に美味しさと栄養がとれるだしパウダー

焙煎機の前につきっきりで、一粒一粒のごまを煎ることを惜しまなかった。創業1883年のごま専門店職人の有機ごまに込められた思いとは?

関連記事

  1. 「安全性で一番になる」を目標に掲げた日本の伝統を支える本物の有機醤油づくりに挑む…

    2017.07.14
  2. 毎日継続して飲み続けるのに一番いい健康飲料とは。お茶葉だけでなく、茎の旨み、芽の…

    2017.10.31
  3. 12歳のときに患った病気がきっかけで、40年ほど前からクレイセラピーを開始!実体…

    2017.12.08
  4. 生命力やエネルギーの高いカカオの魅力に魅せられ、ローチョコの世界へ。カカオ豆の魅…

    2017.12.05
  5. 農薬や化学肥料を使わない、絶滅が危惧されている野生のぶどうを使った無添加コスメ

    2017.09.04
  6. こんなにこだわったタイ料理の食材ははじめて。完全オーガニック、ヴィーガン、グルテ…

    2017.11.03

最近の記事