Loading

200年の樹齢!イタリア・ブルボン王朝時代から続く自然農法の美しい農園から届く最高品質のオリーブオイルの驚きの背景。


完全な自然栽培。
ガッティ家のオーガニックエクストラバージンオリーブオイル

 

イタリア半島のつま先、地中海からの風が吹く小高い丘から届く最高級のオリーブオイル。
ガッティ家の農園は1970年代から徹底した自然栽培を行っています。
オイルは多種ブレンドではなく、ごまかしのきかない単一品種。

歴史ある自然栽培のオリーブオイルをご紹介します。

今回は、ガッティ家のオリーブオイルを

輸入されている椿さんにお話を伺いました。

美味しい!を辿ると、
自然栽培のオリーブからできた最高級のオリーブオイルだった。

出会いは、イタリアに嫁いだ日本人の友人が美味しいから試してみて!
といただいたこときっかけでした。

その友人の旦那様というのが、故ガッティ・リベロ氏の息子のガッティ・ジョヴァンニさん。
ガッティ家の農園の現オーナーであり亡き父の伝統を守りながら、
変わらず自然栽培で約1000本のオリーブの樹を育てオイルを作っています。

自然栽培もオーガニックという言葉もまだまだ一般的ではな時代

初めは、自分の家で作っているオリーブオイルが美味しいから友人や周りにいる人たちに
味わってもらいたいという気持ちで奥様が代理店を通じて日本に届けるようになったそう。

たくさん売りたいとか、そういった気持ちではなく
純粋に美味しいものを周りの人と共有したいという気持ち。

しかし、ある日その代理店が取り扱いを辞めることになったんです。
辞めるタイミングで椿さんの勤める代理店で、小さくですが改めて取り扱うことになりました。

口コミで広がっていったガッティ家のオイル

私は2006年に今の代理店で働き始めたのですが、
オリーブオイルもオーガニックという言葉も一般的ではありませんでした。

私自身も”友人が作ってくれる美味しいオリーブオイル”という認識でした。

しかし、卸している店先のオーナーさんやお客様から、
このオリーブオイルしか使えない!といった声や

化学物質敏感症に悩む方からも、このオイルだけは症状がでないから
安心して使える。そんな反響を聞くことが多くなりました。

こちらの商品を買う

ガッティとはイタリア語でキャット。 昔からガッティ家では猫を飼っているため、パケージにも猫が。

自然農法を当たり前を続けてきた長い歴史

色々と調べていく中で2007年にやっとガッティ家のオリーブオイルが
「自然農法」で 作られたものということに気づきました。

それを知ったときすぐにジョヴァンニにも連絡して、
すごいオリーブオイルだったんだね!大変な苦労の上に作られていたオイルだったんだね!
と伝えたのですが、本人は、自然農法って何か特別なことなの?
みんなそんなことを気にするの?と驚いていました。

人と自然と共存する場所、
オーガニック界を一歩リードするような農園。

ガッティ家の農園は知れば知るほど素晴らしいことに気づきました。
有機栽培や自然栽培であっても隣の農園が農薬を使っていれば必ず影響がありますが、
ガッティ家の農園は小高い丘なので周りからの影響を全く受けません。

さらにガッティ家の敷地内には15世紀以上の前からある
遺跡も残っており国の保護されているため、景観や植物もずっと変わらず残っているんです。
15世紀というと日本は、聖徳太子は生まれた飛鳥時代ですね。

そんな景観を守りながら、人間と自然と共存する場所として
自然化学研究家であり、農業専門家だった故リベロ・ガッティが農園を整えました。

農園は野生のサボテンやカモミール・ローズマリーやフェンネルなど
ハーブ類もたくさん咲いていて、豊富な香りが漂う気持ちの良い場所です。

生産者までトレースできる。オーガニックを選ぶ基準のひとつ。

最近では、オリーブオイルに関する本も見かけるようになりましたが、
日本ではまだ厳格な規制がないため、オイルを薄めて保存性を高くして色も着色してといった
オリーブオイルとは呼べないようなものも多く出回っています。

オーガニック認証メークがついているものは安全?
値段が高ければ安心?
何を基準に、どのオリーブオイルが安心なんだろうと感じたことはないですか?

私もその一人。

オーガニック認証は、製品の生産過程における手順や手法が正しい方法であるかを規定したものにすぎず、
オーガニックでも少量の農薬使用や化学成分を認めているものもあります。

認証マークは、製品となって店頭に並んだ際の「品質」は保証してくれません。

安心で品質の良いものを選ぶためには、
製品から生産者までの道のりがシンプルであるほど良いでしょう。

さらにガッティ家の農園は現在、カラブリア州政府、
カラブリア国立大学のオーガニック栽培に関する
共同研究プロジェクト指定農園として様々な学術的調査下にあります。
学術的観点からも製品の品質や安全性を保証できます。

もちろん、認証も得ているしオイルコンクールでも功績を残しています。

EUにてオーガニックエクストラバージンオリーブ
オイルとして認証

日本にて有機JASマークを取得

BIOL(国際オーガニックオリーブオイルコンクール)世界11位

嬉しい効果がいっぱい!美容にも健康にも良い。
消化の働きも助けてくれるオリーブオイル。

オリーブオイルはオレイン酸を豊富に含むことから、
自然の下剤とも呼ばれ、腸内をきれいに保つことに一役かってくれます。
オレイン酸が腸まで届くと、腸を刺激してぜん動運動を促進してくれます。

1日のうちで、腸のぜん動運動がもっとも活発に行われるのは朝。
朝ごはん・ヨーグルトやサラダに大さじ一杯のオリーブオイルはとってもおすすめです。

こちらの商品を買う

冬はマグカップに70度くらいの飲みやすいお湯に溶かして。
お腹が温めるり、オリーブオイルの抗酸化作用で免疫力もアップします。

授乳中・子育中のお母さんにもとってもオススメ。

イタリア、スペイン、ギリシャ等の地中海沿岸地方では、
古くからオリーブオイルは離乳食に使われていました。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は赤ちゃんの発育にとても大切な脂肪酸でもあります。
消化機能の向上、アレルギーの予防に必要なオレイン酸を母乳以上に豊富に含んでいるため、
離乳食に少し混ぜて食べさせてあげるのもおすすめです。

ガッティ家のオイルは完全自然栽培で品質も最高級であることから、
赤ちゃん・お子様にも安心してお使いいただけます。

イタリアンから和食まで。何にでも合わせやすい万能オイル。

ガッティ家のオリーブオイルは食材の味を引き出すタイプなので、
どんなお料理にも合います。

・お刺身や和食に
・お豆腐に岩塩とオイルをかけて
・バルサミコとポン酢に混ぜて
・梅・醤油・オイルでドレッシングに

塩とオリーブオイルだけのグリル野菜。 野菜の甘みが引き立ちます。

オーガニックを愛する人に
一度は試して欲しいガッティ家のオリーブオイル。

色々なオーガニックバージンエクストラオリーブオイルを店頭で
見かけますが、ガッティ家は特に生で味わって美味しいオイルです。

スプーン1杯で1日の摂取量は十分なのですが、
美味しくて何度も味わいたくなるので要注意です。

何より自然と共存することを一番にオリーブオイル作りに取り組むガッティ家。
自然・オーガニックを愛するIN YOU の読者の方に是非味わっていただきたいです。

こちらの商品を買う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

世界一基準の厳しい基準を満たしたオーガニック先進国ドイツ産のサプリメントとは。日本のサプリとはどう違うの?

市販の海外大豆から作られた大豆ミートは危険?!国産大豆・NONGMOで作られた大豆ミート。

関連記事

  1. ほぼ全部オーガニック。自然の摂理に合わせた自然のお菓子を。特別な時に送りたい、極…

    2016.10.16
  2. 世界中から集めたナチュラル素材から生まれたコスメ、そのコスメへ秘められた想い。

    2017.03.02
  3. 無農薬天然くすのきの力。「大量生産された化学合成品とは違う、本物を届けたい」と、…

    2016.09.25
  4. 真夏に輝く!世界基準の厳しい審査に合格したエコサートのオイルとは

    2016.10.23
  5. 周りから大反対を受け14年かかってやっと実現!今年一番美味しいオーガニックりんご…

    2016.12.05
  6. 世にも貴重な自然栽培の原材料で作られた唯一無二のロー・フレグランスで心を整えよう…

    2017.08.20

最近の記事

PAGE TOP