Loading

「ヨガを愛する人たちにオーガニックという選択を。」世界初、オーガニック認定を受けたヨガマットとチャクラチェアマットの世界。


全てがオーガニック!こだわりすぎのヨガラグとチェアパット

生産工程全てがオーガニック認証を受けたヨガラグと

市場の0.03%しかないオーガニックウールを使ったチェアパットがあります。

あまりのこだわりように、

一般の方にはその良さがわかってもらうのが難しい。

だから本当の良さがわかるIN YOUユーザーだけに

じっくりご紹介したい商品があります。

そのこだわりの秘密を、たっぷり伺いました。

認証を受けたオーガニックラグとの出会い

私がラグやチェアパットを販売するきっかけとなったのは、

ヨガを愛する人たちに、オーガニックという選択を

授けてあげたいと思ったからです。

もともと自然との繋がりを大切にしているヨガなのに、

プラスチックやゴムなどの人工物を使うのはなぜか?

こちらのマットは、ヨガの聖地、インドで製造されています。

私がこのマットと出会ったのは、

インドで開催されたBIOFECHというオーガニックの展示会。

当時、オーガニックコットンの生地を探して展示会に行ったのですが、

何処の会社も染料までこだわった会社がありませんでした。

そして、最後に訪れたブースが

オーガニックカーペットを扱っている会社でした。

その会社が立ち上がったきっかけは、

女性の自立支援のため。

ウンナヤンの女性はラグのプロではありませんが、

長年の経験と熟練の職人を抱えるインド経営者が指導を行い、

女性特有の器用さにより、

上質の平織りラグを生産できるまでになりました。

それから染色に2年もの開発がかかり、

一時は中止する危機まであったそうです。

彼らのこだわり、商品への思いは私の理想と一致しており、

それどころか、オーガニック繊維の知識、

オーガニックに対する熱意は想像以上で、

気がついたら半日も話し込んでいました。

帰国してから調べてみると、世界の何処を探しても

オーガニック専門のラグブランドは存在しなかったのです。

オーガニックコットンを使い、

直接肌に触れても安心な天然染料を使ったラグ。

こちらの商品を買う

GOTS(オーガニック・テキスタイル世界基準)という

世界的な評価を得ているテキスタイルの判定基準にしたがって

アメリカのOneCertによってオーガニック認証を受けています。

染料を安定させる定着剤も一般的には鉱物を使うことが多いのですが、

純植物性の染料を使うなど、かなりのこだわりようです。

デザインを送って、サンプルを出してもらうことを繰り返し、

3ヶ月ほどかかってやっと商品が出来上がりました。

製品づくりはインドにお願いしていますが、

ブランディングやラベリングは日本向けに行なっています。

コットンだからこその使い心地

製品を何人ものヨガの先生に試していただきましたが、

最初はすべりやすいと感じるようです。

コットンは水分を含むと肌にくっつきやすいという特徴があるため、

ホットヨガなどにオススメです。

こちらの商品を買う

それでもすべりやすいと感じたら、

ヨガの前に霧吹きなどで手を濡らしていただくと

快適に使うことができます。

ゴム、プラスチックは汗をかくと滑りやすくなるので、

ヨガマットの上にタオルを引いて使ったりすることも多いかと思います。

こちらのヨガラグはしっかりとした厚みがあるので、

シワがよったりすることもなく、

クッション性を増して安定感を感じます。

手作りならではの風合いが楽しめるラグ

こちらの商品を買う

1kg程度なので持ち運びも可能ですが、

部屋に敷きっぱなしにしてインテリアとして楽しむのもオススメ。

自然な色を選べるので、

部屋に合わせて使えます。

また、大きさもたいていのヨガマットよりもあるので、

レンタルマットなどが肌に触れるのが不安というときにも、

快適に使えます。

のりを使っていないので、新品の時はさらっとした肌触りで、

しっかりとした使い心地。

洗濯を重ねるうちに、繊維に空気が含まれて

ふんわり、ふっくらしてきます。

しっかり織ってあるので、耐用年数も多く、

手洗いをすればさらに風合いが長く楽しめます。

丸洗いできるので、清潔にしたい方にも安心。

オーガニックコットンをうたっていても、化学染料を使っている製品が多い中、

こちらの商品は天然染料を選んでいます。

出来上がったラグを染めるのではなく、

糸を1本1本染めていく製法。

季節や気候によって多少の色の違いがあるのも、

手作りならでは。

新品の状態では検品を繰り返して色むらが無いものだけを出荷しますが、

長時間太陽にさらされると色落ちするので、

お手やわらかに使ってくださいね。

また、洗剤によっては化学反応を起こすこともあるので、

環境に優しい洗剤を選んでくださいね。

希少なオーガニックウールのチェアパット

こちらの商品を買う

オーガニックウールのチェアパッドは、

世界で唯一のものです。

オーガニックウールは、ウール市場の0.03%と希少で、

原材料も高価で手に入れることが難しいものです。

一般的なウールは、製品になるまで

どれだけの薬品が使われているかご存知ですか?

牧草地には農薬がまかれ、餌にも薬剤が入っています。

化学的なシャンプーで洗い、のみ取りにも薬剤が。

刈り取った後、色を合わせるために脱色剤を使い、

不健康な毛を綺麗に見せるために柔軟剤を使い…。

そうして育てられた羊には、

かなりの環境破壊の要素が含まれています。

こちらのオーガニックウールの毛を提供してくれる羊は、

オーガニック農園で育てられています。

他の農園と混ざらないようにきちんと柵で隔てられ、

そこで育った羊の毛のみが原料です。

密度を濃くして育てられると病気になりがちですが、

広い土地でのびのびと育てられているから

薬剤も必要ないのです。

ただし、薬剤に頼らず自然に育てるには、

それだけ生産コストもかかり、

原料が高くなるのはよくわかりますね。

ウール100%という認証マークは、ただウールが原料であるというだけで、

どれだけの薬剤を使われてきたかは未知数。

柔軟剤を使っていないので柔らかさは一般のウールに劣りますが、

化学物質に敏感な方が触れると、その気持ち良さはひとしおのようです。

表も裏もオーガニック!瞑想に最適なチェアパット

こちらの商品を買う

瞑想で長時間座るときにも、お尻が痛くならないチェアパット。

へたらないように、密集させているから、

見た目はかたそうにですが、

下が木の素材でも座ってみると柔らかいから不思議です。

ウールの特徴として、夏は涼しく、

冬は暖かく感じるということもあります。

中が化学繊維のチェアパットに比べて、

吸水性と放熱性の両方を持ち合わせているウールだから、

長時間すわって汗をかいてもあつくなりません。

天然染料を使って描かれた7種類の幾何学模様は、

インドで伝統的に伝わっているチャクラの図。

チャクラを感じながら壁に貼って瞑想してもよし、

ただ好きな色と模様を選んでインテリアとしてもよし。

床に置いても、ウォールにかけても絵になります。

カーペットの芯に天然ゴムが入っていますが、

肌に触れる部分は全てオーガニック。

オーガニックコットンにオーガニックウールを

ピストルのようなもので手作業で打ち込んでいき、

最後に裏側をオーガニックコットンで仕上げてあります。

オーガニックを愛する全ての方に伝えたい

オーガニックコットンを使っているというだけでなく、

全ての材料にこだわって、一番になりたいという思いで販売しています。

製造工程から全て化学的な工程をふまずに、

天然、オーガニックの原料を使った

ヨガマットとチェアパット。

ヨガを愛する人だけでなく、自宅の敷物や壁掛けとしても

気持ち良いから選びたい、

そんな商品ですね。

こちらの商品を買う

チェアマットを買う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

世界のミシュラン3つ星店で使われる世界最強の美味しすぎるオリーブオイルと今最大の注目を浴びるギーの魅力。

完全無農薬栽培、 肥料は籾殻や米ぬか、草を鋤き込んだだけ。幻の玄米、小豆、原木椎茸。

関連記事

  1. 添加物ゼロ。シュガーフリーとグルテンフリーをかなえた夢のスーパーカレールーとは

    2017.02.22
  2. 私が惚れた沖縄の無農薬・無化学肥料のモリンガへの思い。

    2016.09.28
  3. 子どもを育てる母として、家族の健康、そして子どもの住む未来の環境のために、今、私…

    2017.03.13
  4. 市販の海外大豆から作られた大豆ミートは危険?!国産大豆・NONGMOで作られた大…

    2017.02.03
  5. 農薬を使用しない世にも珍しい奇跡のいちごを使った奇跡のタルトの秘話を伺いました!…

    2017.06.30
  6. 分かっていただける方だけに、手に取ってほしい。ありえない豪華な成分に、果敢に挑戦…

    2017.06.05

最近の記事

PAGE TOP