Loading

肝硬変、肝がん、肝硬変による静脈破裂・・・。生と死のはざまから一人の男性の生命を支え続けるものとは?


何となく体がだるい、一生懸命頑張っていても、
周りの人ほど体力がなく怠けていると思われてしまう・・・。

20代でC型慢性肝炎と診断。
40代で肝硬変や肝がんが発覚。
肝硬変による静脈破裂。

そんな絶体絶命の瀕死の状態から
今、何とか過ごせているという状況です。

生と死のはざまから生き残り、人生を変えた一人の男性の物語です。

肝硬変、肝がん、肝硬変による静脈破裂・・・。
人生を変えたストーリーを、語って頂きました。

肝硬変、肝がん、肝硬変による静脈破裂・・。生と死のはざまから一人の男性の生命を支え続けた「聖なる藻」AFAブルーグリーンアルジーとは?【オーガニックベンダーズ達の声 by IN YOU Market】

「AFAブルーグリーンアルジーサプリメント・粉末タイプ」詳しくはこちらから

「幻のハーブ「サラシア・レティキュラータ」のサプリメント」詳しくはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

現代人の汚れた腸内環境の救世主!沖縄育ちのアロエベラのジュースができるまで。

まだ日本に馴染みのない、ギリシャヒオス島のスーパーフード・マスティハとは?

関連記事

  1. 長距離ランナーから無農薬りんご農園として農家に転身。感動してもらえるほどのものを…

    2018.01.22
  2. 「有機農業未来都市」食料危機を救う無農薬と有機農法を合わせた果物作り

    2018.11.01
  3. おじいちゃんの蓮根を守る!その想いから農家に転向した兄弟が生み出す、こだわりが詰…

    2018.12.11
  4. 様々な苦労にも屈せず、完全無農薬で自家栽培した唐辛子スコッチボネットで作る、日本…

    2017.10.16
  5. 市販の海外大豆から作られた大豆ミートは危険?!国産大豆・NONGMOで作られた大…

    2017.02.03
  6. 「色を食べる」。チャクラに基づいたスムージー本の作者に訊く日常へのチャクラの取り…

    2016.09.26

最近の記事

PAGE TOP