Loading

都会東京から長野へ拠点を移してみてわかったこと。周りがみんな有機農家で、何から何までオーガニックが揃う田舎ならではの豊かさとは


地元長野の素材を大切に生かしたローケーキと、そば粉のパン

オーガニックのローケーキ2種と、オーガニックのそば粉のパン3種を出品していただいている

西村さんに、インタビューさせていただきました。

ラズベリーとカシスのローケーキ

ローケーキを買う

↑そば粉と地粉のパン

そば粉パンを買う

東京ではヘルスコンシャスな人々に大人気のジュースバーも経営されている西村さん。

長野で何を思い、どんな風に過ごしているのでしょう?

東京から長野に引っ越したのは2017年4月。

取材させていただいたのは、長野での初めての冬が始まろうとする休日の昼下がりでした。

お子さんたちが賑やかに遊ぶ声が響き、のびのびと日々を送っていらっしゃる風景が浮かびます。

佐藤:長野に移住してから、畑仕事などはされていらっしゃるのですか?

西村:長野に来たら畑をやろうと思っていたのですが、実際にはやっていないんですよ。

というのも、周り中がみんな有機農家さんで、何から何までいただけてしまうんです。笑

季節の葉野菜を使ったスムージーと生野菜モリモリが、我が家の定番です。

自分で畑をやらない分、農家さんのお手伝いはしていますね。

佐藤:IN YOUMarketで販売されているものは西村さんが全て作っているのですか?

西村:ローケーキやパンは私が作りますが、近所の方に手伝ってもらっているものもあります。

佐藤:ご近所さんとのおつき合いが密接なのですね!

西村:この地域は有機栽培の方が本当に多くて、いただくお野菜もみんな有機栽培なんですよ。

有機栽培をやっている方は同年代の若い方が多いので、すぐに仲良くなりますね。

移住して来る方も結構いらっしゃいますし。

だからこそ、顔が見える方達が作っている作物を多くの方に知って欲しい!

地元のベリーをふんだんに使ったローケーキ

佐藤:ローケーキは2種類出していただいています。

「ラズベリーとカシスのローケーキ」に使っているベリー類は有機栽培なのですね!

素晴らしいですね。

↑ラズベリーとカシスのローケーキ

西村:ええ。ブルーベリーやラズベリー、カシスも全て、この近くで有機栽培している方の作物なんです。

もともと、「いつかはローケーキを作りたい」と思っていたのですが、これだ!と思うものがなくて。

でも長野に来て、ここの豊かさの活かせば「自分らしいローケーキ」が作れる!と思えたんです。

ですから、一つはこの場所の素材を生かした「ラズベリーとカシスのローケーキ」を。

もう一つは定番で、私も大好きなローカカオを使った「リッチショコラローケーキ」を作りました。

↑リッチショコラのローケーキ

ローケーキは全て私自身が作っています。

ローケーキを買う

そば粉のパン100パーセント

佐藤:そば粉のパンはどんな経緯で作ることになったのですか?

西村:私自身も、そば粉で作ったパンは、ここにきて初めて食べたんですが、びっくりしました!

↑そば粉100パーセント

「パンを食べているんだけれど、風味はそば」というか・・・。

佐藤:そば粉も無農薬なのですか?

西村:実はそばは、基本的には無農薬で育てられる作物なんですよ。

有機栽培のそば粉って聞かないですよね?

だから、肥料に何を使うか?というのはありますが、国産のそば粉であればそれほど選ぶ必要がないんです。

このそば粉のパンに使っているものも、近くの農家さんが作っている無農薬のそば粉です。

佐藤:そば粉のパンは3種類あるんですね。

西村:ええ。

そば粉100%は、そばの香りがが素晴らしい!パンなんだけれど、そばを食べているようです。

そば粉95%は、5%の米粉を混ぜています。そば粉も白い部分の多い更科を使っているので、

小麦粉のパンのように真っ白なんですよ。

そして、そば粉と長野の地粉を50%ずつ混ぜたパンもあります。

ふんわりしていて、普通の小麦粉のパンと変わらないので、食べやすいです。

佐藤:そば粉は全部同じ生産者のものなのですか?

西村:3種類とも全部違うそば粉なんです!

配合やそば粉の種類によって、微妙に風味や美味しさが変わるので

そば粉は20種類くらい、小麦粉も3種類くらいを試した結果

このそば粉のパンになりました。

佐藤:試行錯誤されたんですね!!

↑そば粉と地粉のパン

そば粉パンを買う

長野の自然と豊かさを「楽しむ」

佐藤:商品の話から変わりますが・・・。お子さんたちはどう変わられましたか?

西村:本当にのびのびとしています!最高!笑

東京に住んでいるときには通学も通勤も電車でしたが、ここでは自然の中を歩いていけます。

佐藤:都心は、今はどこもアスファルトばかりで、土の上を歩くことが少ないですよね。

霜柱を踏んだことがない、とか・・・。

佐藤:SNSに、お出かけされたときに見つけた素敵なカフェのことを書かれていました。

普段お米は何米を召し上がっているのですか?また、食べ物を選ぶときの基準はありますか?

西村:子供がまだ小さいので、7分づき米に雑穀を混ぜています。

食べ物を選ぶ基準はオーガニックであることですね。

顔が見えることや、そのお野菜の作り方に納得が行くことを大事にして選んでいます。

スーパーにいくのは、アボカドとキノコを買う時くらいかな。笑

佐藤:長野に住むようになってわかるようになったこと、気づいたことはありますか?

西村:ここに住んでいると、お米もお醤油も誰がどこで作っているのかわかって、

生産者の方々がとても身近です。そういうことの全てがとても豊かで、気づくこともとても多いんです。

都心に住んでいると旬や自然を感じにくいですし、感謝することも忘れがちになります。

ずっとそういう環境に住んでいると、気づけなくなってしまうことも多いと思います。

長野に来て、私自身そういう部分に気づきました。

だから、都心に住んでいる方も、生産者の方と触れ合ったり、

時には田舎に行ってみることも大事なのではないかなと思います。

佐藤:INYOUの読者の方は、ヘルスコンシャスなライフスタイルに興味がある方が多いので

西村さんからINYOUの読者の方にメッセージをお願いします。

西村:私たちのコンセプトは「enjoiy your healthconsious」なんです。

今までお会いしたお客様の中には、とても厳格にされている方もいらっしゃいましたが、

私は「厳格すぎない」「楽しむこと」が大事だなと思っています。私自身もそうしています。

「食べることは生きること」取材を終えて

現在の日本の食事情は決して楽観的に考えられるものではありませんし、

欧米諸国と比べてもヘルスコンシャスな自由度の低さは類を見ないと感じます。

でも、その中でもできることを探し、楽しんで工夫して食べることこそががとても大切なのではないでしょうか。

逆に、どんなに素晴らしい栄養価を持つものも、しかめっ面で食べたら消化吸収もうまくいかないのでは?

仕事や環境を簡単に変えることはできなくても、何かできそうなことを一つでも多く見つけて試してみる。

そして、それを楽しむことが大切なのだと、

朗らかにお話しされる様子から感じました。

自ら作るローケーキやそば粉のパンは、長野の自然の恵みがたっぷり詰まっています。

まずは、その自然の恵みをぜひ味わってみてください。

そして、できることなら実際に長野の豊かさを体験しに、土の匂いを嗅ぎに行ってみるのも素敵ですね。

ぜひ貴重で素敵なオーガニックアイテムをゲットしてみてくださいね!

ローケーキを買う
そば粉パンを買う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供のアトピーから北海道へ移住。有機農法で育てた人参の1番美味しい瞬間を閉じ込めた人参ジュースとは。

日本で160年以上の歴史ある工場が製造。最後の一滴まで香る、9種類の美容オイルを配合したジャスミン、ローズ、ネロリ、3種の香りが楽しめる無添加バームとは。

関連記事

  1. 生理痛、PMS、ストレス、ニオイの問題を軽減するために積極的アプローチで解決でき…

    2017.12.14
  2. 廃棄物を出さないエシカルなきれいな水と大地で育まれたクマザサを使った無添加の入浴…

    2017.09.04
  3. 焙煎機の前につきっきりで、一粒一粒のごまを煎ることを惜しまなかった。創業1883…

    2017.11.20
  4. 本物だけを届けたい。自らの手で育てたレモンと、発酵レモンジャム、化学物質汚染ゼロ…

    2018.05.17
  5. 完全無農薬、植物由来堆肥、微生物液肥、低温乾燥。凝固剤等のつなぎを一切使用しない…

    2017.05.12
  6. メキシコの先住民族が500年も前から大切に伝承してきたレシピを元に作られたハーブ…

    2018.03.02

最近の記事

PAGE TOP