Loading

農薬・肥料不使用、自家採種された生命力の高いお米の生産方法とは。日本人の日常食べるお米ササニシキ。


IN YOU Marketに自然栽培ササニシキを出品している
高橋さんにお話を伺いました。

米作りに恵まれた土地「但馬国」で大切に育てられたお米

このお米は兵庫県の朝来市、古くは但馬国と呼ばれた場所で作られています。
小高い山に囲まれた中山間地。
かつては雪深い雪国でもありました。

米作りに水はかかせません。
良い米には良い水が、米の味は水の味とも言われます。

山の多い土地の為、直線では近い場所も山の裾野をまわって移動したりと、
お世辞にも暮らしやすい場所とは言えませんが、
米に大切な綺麗なうま味のある水で米を育てることができます。

秋が深まり、寒くなると雲海の広がる地域でもあります。
山からの豊富な水、雲海の空気中の水、水に縁の深い土地です。
この土地は本当に米作りに恵まれた土地です。

米作りに恵まれた場所で米を育てています。

自然のものを取り入れることから体を養うことが始まる!
だからこそ、農薬を使わない、肥料も使わない自然栽培

このお米は安心と安全にこだわり、農薬を使わない、肥料も使わない、
自然栽培、自然農法
で作られています。

農薬は虫や植物など生き物を殺す為のものです。
人も生き物ですから、生き物を殺す農薬を使って作られた食べ物が本当に安全かわかりません。
少なくとも安心して食べることは出来ません。

そこでこのお米は農薬を使わずに栽培しています。

農薬を使わないので手間が増え、人の手がかかりますが、
それによって安心して食べることができます。

人が食べるものは、自然の中で育まれてほしい。

食べ物、作物、農産物は自然の中で生まれるかと言うと、そうとも言い切れません。
特に肥料を使う現代の農業では作物は
土、大地の栄養やエネルギーを得ているというよりは肥料を得て成長しています。

化学肥料やハウス栽培など本来なら旬のある筈のものが
一年中見かけるのが今では常識になっています。

ただ、それでは食を通して季節を感じることは少なく、
その季節にしか生れない食材そのものの味や香りを楽しむことが出来にくくなります。

それでは少し寂しい。

もう少し豊かな暮らしをしたい。食べることは生きること。
自然のものを取り入れることから体を養うことが始まる。

そう思い、このお米は肥料を使わない、無肥料栽培で作られています。

肥料を使わない為、自然のサイクルに合わせてしか作れません。
普通の栽培に比べて栽培のタイミングはよりシビアになり毎年が真剣勝負です。

肥料を使わないこのお米は本当に太陽や雨、大地のエネルギーのみで作られています。

ササニシキを購入する

安心と安全は種から。種づくり自家採種ということ

安全な食べ物には安全な栽培方法、
そして更にもう一つ、種も安全なものであってほしい。

その為に、種取りを農家が直接行う自家採種を行っています。

殆どの農家は種を業者から購入しますが、
その種は農薬で処理されていることも多く安心とは言えません。
せっかく、農薬も使わない方法で作っているのに種が農薬まみれでは本当に安心はできない。

種取りは手間がかかります。 
多くの農家が業者から購入するのもその為です。
ただ手間をかけた分良いものができるのは農業に限らず全ての仕事で言えること。

具体的に自家採種をすることで何が良くなるかというと、
種が土地に合うように変化してくる
ということ。

作物は土地の環境や状況に合わせて成長します。
そうした情報は種にも伝えられ、その種はよりその土地に馴染んだものになります。
だんだんと病気などにも強くなり、より立派に、より健やかに成長します。

種を取ること、自家採種は土地に合い、土地に合わせることです。
それは作物自身が育ちやすい手助けをすることでもあります。

手間はかかりますが、その分、全てが目の届く範囲で行われるので安心できます。
よく言われる農業に大切な土づくりと共に、種を取る種づくりも大切なことの一つです。

アレルギーが出にくい、血糖値を上げにくいお米ササニシキ

米の品種はササニシキになります。

ササニシキはコシヒカリなどと違い一粒一粒がたち、
べとつかず口の中でほどける食感です。

炊き上がりの香りもよく、あっさりした味はおかずの味を損ねません。

また、血糖値を上げにくいなど健康効果からも選ばれるお米です。

ササニシキを購入する

お米は「アミロース」と「アミロペクチン」という二種類のデンプンで作られています。
アミロペクチンが多いともちもちとした食感が出るので、
大半のお米はアミロペクチンが多く含まれるように作られています。

もち米はこのアミロペクチン100%のお米です。

アミロペクチンはもっちりとした食感を生みますが消化分解する際に体への負担があり、
血糖値が上がりやすいアレルギーが出やすいなどと言われています。

ササニシキは他の米に比べてアミロースが高く血糖値が上がりにくく、
アレルギーが出にくいお米としてもしられています。

コシヒカリはハレの日のお米、ササニシキはケの日常食べるお米

日本には「ハレ」と「ケ」という考え方があります。

ハレは正月や節句、祭などの特別な非日常。
ケは普段の日常になります。

ハレの日は普段食べない特別な食事として
赤飯や餅などもちもちとした米を食べていました。

有名なコシヒカリはもち米系のハレのお米と言われています。

一方でササニシキはケの日常食べるお米と呼ばれ、
あっさりとした食味が日本食によく合います。

伝統的な和食はササニシキのような米に合うように作られているので、
普段の食事、日本のおかずと合わせることでお米もおかずも美味しくいただけます。

ササニシキを購入する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

買うだけで日本の有機農家に還元される!90年もの歴史を継承する奇跡の有機ビネガー。

半うつ状態だった私がフィリピンで出会った、免疫力や身体本来の力を働かせてくれるスーパーフード。 健康的に、笑顔ですごすためのヘンプシードオイルとヘンプナッツ、モリンガとは。

関連記事

  1. 体を壊して医者に見放されたことをきっかけに、自然食に行き着いた。あえて有機認証は…

    2017.10.30
  2. 有機野菜は、種は有機ではない可能性が高いということをご存知ですか?世界一簡単でス…

    2017.06.01
  3. 農薬の本当の恐ろしさを目の当たりにし、無農薬・無化学肥料の自然栽培に果敢に挑戦す…

    2017.06.24
  4. 「エビデンスのある商品をお客様に!!」をコンセプトにチェンマイ大学との産学共同開…

    2017.12.08
  5. 大好きな故郷をオーガニックの梅の郷にする!変わり者扱いされながら有機栽培、無添加…

    2017.10.11
  6. インドネシアで見つけた衝撃的なチョコレートのストーリー

    2017.05.06

最近の記事

PAGE TOP