Loading

イタリア産まれの“天然素材”100%オーガニック「海綿スポンジ」


ワインの営業からオーガニック探求の道へ


製造業の会社で営業をしていた出品者さんはひょんなことから、イタリアワインを扱うことになったという。

「添加物を一切使っていない、BIOワインでした。ローマ時代から続くワインに出会ったことでその後の人生が大きく変わりましたね。今はそのワインしか飲めなくなりました」

 もともと貿易業をしていた尾川さんのオーガニックへの探求はこのワインをきっかけに始まった。

「何を扱うかわからなくて、必然的に出会ったと思います。食について考えるようになった。それから、コンビニにまったく行かなくなった」

 尾川さんは新しく会社を作った。

「ワインの輸入をきっかけに海外には日本にない自然素材の商品があると思い、香港で開催されているインターナショナルの展示会には自然素材のヨーロッパの商品(石鹸)を探しに出向き、運よくマルセイユ石鹸のメーカーと出会い、日本での独占販売権をいただき、販売を始めることとなりました」

 当時、石鹸はフランス伝統のマルセイユ石鹸を独占販売をしていた。

マルセイユ石鹸は75%がオーガニックでした、その石鹸を泡立てるものを探しました。自分は100円ショップの泡立てネットを使っていたのですが、コットン100%の泡立てネットは全く泡立たなかったので、何かないかと探していたところ、オーガニックフラワーの生け花の先生と出会いました」

 その人物とは中島まことさんであった。

「山に行って、生ける花を取ってきたりする有名な人です。彼に海綿の存在を教えてもらう。海綿はイタリアにあるよと聞きすぐにイタリアへ向かいました。海綿とは何か色々と調べて、2017年から石鹸と一緒に扱い始められることになり、そして日本で地中海の自然海綿100%ナチュラルスポンジを扱えることになりました

我々の祖先は海綿と気付いた

イタリアでは海綿は薬局で販売されている。

自然なものに出会っていって、人類はいつ生まれたか、宇宙について考えました。ある教授に聞いたら、地球というものが何億年前に誕生して、氷河期を超え、海の中の底から生物が生まれてくる。そこから、陸上で生活するものが生まれてくる。恐竜ですね、そしてもう一度氷河期が来て、絶滅した。もともと地球は氷だったんです。そのあと小ちゃい毛のある動物が生まれた。寒さに強い動物が生まれた…進化している! 我々も、動物も多細胞生物、その前は単細胞生物の生き物がいた。進化を経て、多細胞生物が生まれた。その最初が海綿=私たちの祖先は海綿! そういう生き物なので、我々の肌に合わないことはない

 海綿は東南アジアの海で取れていたと語る尾川さん。

「アジアの人間が、これは売れると思ったら、根っこから根こそぎとってしまった。しかし、ヨーロッパの方々は根っこを残して取っていた。今は取り過ぎてもう再生されてない

 自然環境のバランスが崩れてしまったのである。

人間や動物の身体にも海綿はある。『スポンジ=人間が石油で作ったもの』、シルクスポンジは、タンポンにも使われていた。水をつけると柔らかくなる

★⾃然な球形タイプ

14cm~15cm 8,100円(税込)

★⾃然形タイプ

14cm∼15cm 4,590円(税込)

★ソフトシルクタイプ(フェイス用)
5cm ∼ 6cm 1,080円(税込)


【原材料】:海綿(天然素材)100%


生産国:イタリア


天然素材のため大きさや形状が異なります。稀に穴の中に小石が入っている事がございます。お使い始めの際はよく取り除いてからご使用下さい。

海綿スポンジを買う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「きっかけは自身のアレルギー体質」オーガニックふんぱん&ローグラノーラ誕生秘話

無添加&オーガニック 純度100%の「マカ」世界一のビタミンCを誇る希少な無農薬「カムカムパウダーサプリ」

関連記事

  1. 市販のキムチは添加物が使用されている製品がほとんどです。砂糖不使用で無添加の、美…

    2018.03.28
  2. 品質の良い商品を売りたいという想いからできた、日本人に不足しがちなカルシウム、鉄…

    2017.11.27
  3. 日本で有機のものを増やしていきたい!そんな想いから始めた、酵素分解によって絞られ…

    2018.03.19
  4. もう一度日本人として、この土地に立ち戻るきっかけに。自分の身体の声を自分で聞ける…

    2018.11.23
  5. 生理痛、下半身の冷え性、膀胱炎に悩んでいる全ての方に読んでいただきたいオーガニッ…

    2017.08.20
  6. 重症アトピー性皮膚炎の臨床医丹羽博士との出会いから始まった、抗酸化力の高い唯一無…

    2018.02.05

最近の記事

PAGE TOP