Loading

20年以上前から農薬や化学肥料を使わずにお茶を栽培!大変な手間と時間をかけて育てられた、貴重な国産の有機抹茶と緑茶


IN YOU Marketに有機緑茶と有機抹茶を出品している
西さんにお話を伺いました。

オーガニックの先駆け!お茶の名産地、霧島の緑茶

私たちは20年以上前から、家族経営で
農薬や化学肥料を使わずにお茶を栽培し続けています。

鹿児島県の中でも比較的北部に位置し、
霧島連山の麓にあります。

先代社長である西喜実がより体に良いものをと、
オーガニックという言葉が世に出回っていない時代から有機栽培に取り掛かりましたが、
周りの同業者をはじめとする関係者からはあまりいい目で見られることはなく、
農薬を使わないでお茶を育てるのは無理だと言われていたそうです。

我が家では、水とか風で害虫を飛ばしています

山奥の土地を自分たちで開墾し、
畑の周りにも森があって木々に囲まれている環境。

70ヘクタール(東京ドーム約15個分、小笠原諸島の無人島の西之島とほぼ同じ面積)もある
広大な畑を管理しております。

周りの畑とは離れていて、
農薬が飛んでくる心配もありません

霧島という土地は、地下水も豊富で、
有機栽培には欠かせない水の管理もほとんどの畑でスプリンクラーを完備しており、
冬の寒い時期にも霜が降りないように工夫しています。

霧島は、寒暖差があるので、
気温差のある気候は
霧がかかってお茶にとってとてもよい環境で、
香りの高いお茶が造られます。

お茶は樹勢を強くすると害虫も付きにくく、
香り・旨みの高いお茶を作ることができるのです。

そのため、自家製の堆肥を作り、
毎年数回行う土壌診断で、足りない養分を有機の資材で
どのような施し方をして、どのタイミングで振ればよいのかということを
常に研究し、足りない成分を補ったりしています。

摘採時期には、毎日70haの畑1枚1枚に出向き、
被覆のタイミングや摘採のタイミングを逐一チェックしています。

努力の甲斐あって、お茶の味わいは、
とてもバランスが取れていると自負しています。

飲んでみるとお茶の軽やかな渋みと
後から喉に残る爽やかさがついて来て
自然をそのままいただいている感じ
です。

我が家のお茶を飲むと、
他のお茶が飲めない
というお客様が多く、
ほとんどがリピーターとなってくれます。

遠く、県外からわざわざ買いに来てくださる方や
注文していただいて発送することもあります。

世に先駆けてオーガニックのお茶を作り続け、
今では多くのお客様から御支持いただけるようになりました。

今となっては主流となっている有機栽培を追求し続け、
お客様に喜んでいただくべく、
有機栽培で安心・安全、かつ美味しいお茶づくりを日々研究しております。

お茶の名産地、霧島の緑茶を購入する

4種の有機緑茶を手軽なティーバッグで楽しむ

今回IN YOU Marketに出品した緑茶は、
すべてティーバッグ。

私たちが作った煎茶は、そのお茶の種類にかかわらず、
水でもぬるいお湯・熱いお湯でも
お客様それぞれの好みの温度で美味しくお飲みいただけます。

玉露

まず、有機ではほとんど見られない「玉露」。

玉露というとお茶会で飲まれることが多く、
普段飲むことは少ないと思います。

玉露は飲み方が難しかったり、
低温で入れなくてはいけないというイメージがあることと思いますが、
ティーバッグにしたことでいろいろなお客様に
手軽に飲んでいただけるようにと開発しました。

お茶の木に「かぶせ」といって光を遮断して
栄養分を上げる作業をするのですが
玉露はかぶせの時間を長くしています。

お茶自体の甘みが強くて、
これがお茶なの!?とびっくりされることと思います

てづみ

「てづみ」は、機械摘みではなく、
手で丁寧に摘んだお茶。

機械にはない切り口で、
邪魔な味がないというか、
雑味が少ないお茶
です。

お茶も生きていますから、
やさしい摘み方をするとやさしい味に仕上がるのですね。

よろこび

「有機よろこび」は、我が家の一番人気で、
やぶきた、おくみどり、さえみどりなど、
いろいろな品種をブレンドしています。

お茶の仕上がりや味は毎年違いますが、
毎年同じ味になるように社長がブレンドしています。

静岡などに比べるとたくさんの品種のお茶を作っていますから、
いろいろな味を楽しんでいただけます。

有機抹茶玄米茶

「有機抹茶玄米茶」は、玄米の味に負けないお茶をブレンドしています。

一般的な玄米茶は安いお茶を合わせることが多いですが、
煎茶と抹茶を合わせ、香り高いお茶に仕上げています

これらのお茶は、ティーバッグになっていますので、
どこでも気軽に飲んでいただけます。

お茶の名産地、霧島の緑茶を購入する

大変な手間と時間をかけて育てられた、貴重な国産の有機抹茶

「抹茶」は、希少な一品です。

無農薬抹茶を栽培するのは難しく、
有機の抹茶はほとんど出回っていません

抹茶は「かぶせ」の時間が長く、
それだけ虫がつきやすいのですが、
長年有機栽培でお茶を作っているため、
木が強くなっている
からなんとか仕上がるのです。

光を遮断しているから色が青い抹茶。

かぶせをはいですぐに摘まないと青くならないから、
摘んではまたかぶせ
とても作業に手間と時間がかかります。

抹茶は、有機栽培としては日本最高級品質のものを
製造していると自負しております。

お茶会などにもお使いいただける茶缶に入った抹茶と、
個包装スティックで手軽に使えるいっぷく抹茶の2種類で展開しています。

いっぷく抹茶は気軽に抹茶をお楽しみいただきやすくなっておりまして、
お抹茶を点ててお飲みいただくことはもちろん、
アイスやヨーグルトなどにまぶして召し上がっても濃
厚なお抹茶の香りと味を存分にお楽しみ頂けます。

お茶の名産地、霧島の抹茶を購入する

忙しい現代人も手軽に取れる美味しくて高品質な有機緑茶


有機栽培農産品とは、
周囲から干渉を受けない状態で、
無農薬、無化学肥料で育て、
取り組みを第三者機関に認められた農産品をいいます。

生産環境や販売トレースなど、
非常に厳しい基準を満たさなくてはなりません。

例えば、他の農家が近くで栽培している場合などは認められません。

管理機や工場は機械を専用で分けなくてはなりません。

近頃ピックアップされがちな有機栽培ですが、
私たちは20年前から取り組みをはじめ、
日々、技術と品質の向上に努めてまいりました。

現在では工場生産の約7割を有機栽培で、
残りを特別栽培や無農薬栽培で生産しております。

今、ペットボトルのお茶など、
気軽に飲めるお茶が主流になっています。

ましてや、急須を持つ方は多くないのではないかと思います。

急須が無くてもティーバッグなら簡単に飲めて、
お茶がらも簡単に処理することができます。

私たちのお茶の中でも一番人気の煎茶であるよろこびをはじめ、
有機栽培での生産はとても希少な玉露とてづみ、
抹茶も玄米も煎茶もすべて有機栽培の有機抹茶玄米の
4種類のお茶をティーバッグにしています。

おいしくて高品質な有機栽培茶が、
たくさんのお客様に楽しんでいただければとの思いで
IN YOU Marketでの販売を決めました。

お茶は美味しくて、そう高いものではなく、
よろこびという私たちのお茶で一番人気のお茶は、
淹れ方次第で7煎目ほどまで味が出て、
温度の調整次第では七色の味をお楽しみ頂けます

ぜひ一度で捨てないでいただきたいと思います。

夏は特に、甘みの出る水出しがオススメです。

リラックスもできるから、
みなさんに日本で古くからある
お茶の文化を広めたいと思っています。

まず、取り掛かりにティーバッグに触れていただくことから
始めていただけくきっかけとなれば嬉しいです。

問屋を通じて海外の緑茶・抹茶ブームを知り、
私たちの作る有機栽培のお茶が世界中の方々に喜ばれていると聞きました。

その中でも厳選した最高品質のお茶
皆様に楽しんでいただけたらと思います。

お茶の名産地、霧島の緑茶を購入する 国産では希少な抹茶を購入する

PROFILE

越野美樹
越野美樹
アトピーをきっかけに、オーガニック野菜や伝統調味料を取り入れて完治。心や体の内側から美しくなるお料理をお伝えしたくて、ビオ野菜と乾物を使った料理教室「野菜と乾物 藤野料理教室にじ」をはじめる。毎日の献立作りに悩む方に、食事作りが楽しくなるような提案をしています。毎日着物で過ごし、本を出版するのが夢。IN YOU公式ライター。ウーマンエキサイト、オリーブオイルライフ、お味噌汁復活委員会ライター。
ビオ野菜と乾物 藤野料理教室にじ http://www.kosibun.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自然の調和力に満ちた「真に良いほんもの」を。探し求めて見つけた、体に大切な塩と雑穀とは。

食材が本来もつ豊かな風味や高い栄養価をそのままお届け!自然界が作り出した奇跡の完全食、生ローヤルゼリーと抗酸化力が3倍のアルゼンチン産非加熱蜂蜜。

関連記事

  1. 日本で160年以上の歴史ある工場が製造。最後の一滴まで香る、9種類の美容オイルを…

    2018.01.05
  2. 健康を追求して辿り着いたのが、1回の食事に汁物を必ず添える「一食一汁」!これだけ…

    2017.11.21
  3. アトピーに悩む方や、家族を想うママ達が安心して選べる 安全な商品を届けたい。そん…

    2016.10.26
  4. オーストラリアでサステナブルな生き方をするデヴァイン一家。その一家の作るフードラ…

    2018.06.15
  5. 私が惚れた沖縄の無農薬・無化学肥料のモリンガへの思い。

    2016.09.28
  6. 農薬や化学肥料を使わない、絶滅が危惧されている野生のぶどうを使った無添加コスメ

    2017.09.04

最近の記事

PAGE TOP