Loading

食は丸ごと=ホールフードをコンセプトに作り上げた完全無添加「お豆のヨーグルト」の知られざる背景とは。


玄米と大豆を活かしたホールフード

「食は丸ごと(ホールフード)」をコンセプトに、
日本の伝統食、玄米と大豆のうち
大量に廃棄されている米ぬかとおからに注目。

一物全体や
もったいないの心を取り入れて
自然素材を丸ごと無駄なく生かした商品があります。

豆乳だけでなく、おからも丸ごと入った
ヨーグルト風の「豆汁グルト」と
酸化しにくい米ぬかとダマスクスローズを使った
スキンケアオイル「ブランードリップ」。

どちらも捨てられてしまう米ぬかやおからを
最大限に活かした商品です。

しかも、産地や栽培方法などを厳選した材料を使用。

そのこだわりを、伺いました。

大量にある米ぬかを活かした商品作り

私は約40年間にわたり、
冷凍食品メーカーで
商品の開発と販売業務に携わってきました。

「うまい・安い・簡単・便利」を追求した
まさに現代の食を反映する場です。

当時から、大手食品メーカー製品には
「生命力のもとになる食の役割」という
観点からみてみると、
満足できるものはなかったそうです。

食に漠然とした危機感をもちはじめ、
「何か、変だな」という問題意識が浮かぶ日々。

開発商品を次々と子供に与えた結果、
娘が酷いアトピーになっていったのです。

エンプティーカロリーという
言葉を知ったのもその頃です。

エンプティーとは「空っぽ」。

カロリーだけはあるけど
栄養価の乏しい食品という意味です。

家庭の食事が大手メーカーの安い調理品に入れ替わり、
生活習慣病が増え始めたのもその頃です。

お米は白米に精米すると、
カロリーはあるけど大切な栄養素は捨てられます。

私たち日本人が
長い年月をかけて重ねてきた食生活は、
穀物を丸ごと、栄養価を余すことなく
主食としていただいてきました。

私も、「自然の恵みを丸ごと活かした食材」を
創っていく必要があると思ったのです。

一物全体、日本の伝統食を活かす商品を開発

また、以下のコンセプトを
大切に、活動して行くことになりました。

ホールフーズ(自然の素材を丸ごと)とる。

食物は一物全体。
素材を丸ごと食べることでバランスよく栄養がとれる。
米ぬかと大豆を丸ごととれる商品を作る。

日本の伝統食、玄米(米糠)と大豆を摂る。

日本の先祖は、玄米、雑穀、豆、野菜、小魚などを食べていた。
食の欧米化と加工食品が、様々な病気の原因ともなっている。
日本の食文化を見直し、日本人に合った食を提案。

エコ。“もったいない”の心で全てを活かす。

お米を精米した後の米ぬかと、
大豆をすりつぶした後のおからは、
ほとんど廃棄されているのが現状。
米ぬかやおからを捨てずに丸ごと使える商品。

そして、有効活用されていない
年間80万トンもの米ぬかを
なんとかできないものかと、探求をはじめることになったのです。

まずは、安心、安全な産地、生産者から
米ぬかを取り寄せ、
米油を作ることになりました。

食べられる米油、ダマスクスローズだけで作った化粧水

米ぬかは、
産地、生産者、銘柄、栽培方法が明確な原料を厳選。

米ぬかの鮮度管理に
こだわっています。

30〜40トンの米ぬかを一堂に集め、
すぐに焙煎して酸化を止め、
米油に仕上げます。

米ぬかを絞る方法は
低温圧搾法にこだわっています。

今、圧搾で米油を作っているところは
ほとんどありませんが、
酸化の度合いが違います。

私どもの米油は
4年ほどたってもほとんど酸化しないという
分析結果が出ています。

また、米ぬかも
農薬や放射能の検査をして
検出されないものを使用しています。

そして、あるお客様から
米油が肌にいいということを伺い、
スキンケアオイルを作ることにいたしました。

米ぬかオイルを買う

こちらの、食べても美味しい米油と
飲む民間薬と呼ばれるダマスクスローズを使った
天然成分100パーセントの化粧品です。

ダマスクスローズは
ブルガリア産のバラを使用しています。

世界中に2万種以上あるバラの中で、
ローズオイルがとれるのはたったの4種類。

その中でも最も香りが高く、
最高級のオイルがとれると言われているのが
ブルガリア産のダマスクスローズです。

4トンの花弁からたった1kgのオイルしか取れない、
大変貴重なオイルです。

米ぬかからとれたオイルと
飲む香油と言われるダマスクスローズ、
口に入れても安心の、食品だけが原料です。

豆乳よりも栄養が含まれるおからも丸ごと活かしたヨーグルト

そして、玄米とともに日本人に大切にされてきた
大豆を活かす商品を開発することにしました。

大豆の固形量がたっぷり入った、
いわば大豆のヨーグルトです。

豆汁ヨーグルト プレーンを買う

玄米と同様、
大豆も捨てられてしまうおからの部分に
栄養がたくさん含まれています。

カルシウムや食物繊維などの栄養が
豆乳ではなく、
ほとんどおからに逃げてしまいます。

きな粉のように炒り豆にすれば簡単ですが、
それでは酵素が死んでしまいます。

大豆の青臭さを取り除き、
大豆を煮た呉汁のような
大豆粉が原料です。

大豆は、遺伝子組換えなどしていない
北海道産のものを使用しています。

乳酸菌は、モンゴルで採取した
「NS乳酸菌」です。

寒さに強く、
大豆と相性が良いと言われています。

しかも一般の市販品と違って
ヨーグルト状にした後、
熱処理をしていません。

非加熱のヨーグルトは
袋を破って膨らんでしまうので、
冷蔵で流通させるのは困難です。

そのため、
市販のヨーグルトは
加熱によって発酵を止めていることがほとんどです。

「豆汁グルト」は、寒さに強いNS乳酸菌を
急速冷凍することで菌を眠らせています。

ご自宅に到着してから冷蔵に戻すと、
また発酵が進んできます。

生きている乳酸菌と
大豆の栄養が丸ごと摂れる
画期的な発酵菌食です。

豆汁ヨーグルト プレーンを買う
  
また、発酵力の強いNS乳酸菌は
胃酸にも負けずに腸に届き、
腸内環境を整えます。

お腹の中で増え続ける
生きたNS乳酸菌いっぱいの発酵食。

便の数も増えて、
お腹の中から美肌を作ります。

安心安全な材料で、もったいないを活かす

日本人が昔からとってきた米と大豆。

でも、現代では米ぬかやおからは
大量に廃棄されて、
口当たりの良い部分だけが使われています。

栄養成分の多い米ぬかやおから。

廃棄されてしまうのに
栄養価が高い部分を最大限に活用した
商品づくりをされています。

国産の新鮮な米ぬか、
北海道産の遺伝子組換えされていない大豆。

原材料と生産工程の品質管理を徹底しているので、
安心、安全な商品です。

自然が生み出した優れた栄養機能「太陽の恵み」を
丸ごと活かした製品づくり。

体の中からも、外からも、
美肌になれる。

しかも、忙しい現代人にも
手軽にとれるよう、
考えられた商品です。

もったいないを活かすため、
足りない栄養をいただくため、
ぜひ一度お試しください。

豆汁ヨーグルト プレーンを買う

豆汁ヨーグルト はちみつレモンを買う

米ぬかオイルを買う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ヴィーガンのフランス人が育てる、安心、安全な環境で作られた「たんぽぽチャイ」が生まれるまでのストーリー

世界一基準の厳しい基準を満たしたオーガニック先進国ドイツ産のサプリメントとは。日本のサプリとはどう違うの?

関連記事

  1. 何にでも合う!かけて食べて栄養価がUPする、現代人の救世主・奇跡のスーパーフルー…

    2016.10.21
  2. 日本のオリーブオイルのほとんどは偽物である事実を知り、動きだした男。ミシュランの…

    2016.10.17
  3. 自分の子供に食べさせたい「おやつ」。本当に体にいいものは何かを考えた結果たどり着…

    2016.09.28
  4. 亡き父が自ら現地で見つけ出したニュージーランドの大自然にあるオーガニック「マヌカ…

    2016.09.26
  5. 世界中から集めたナチュラル素材から生まれたコスメ、そのコスメへ秘められた想い。

    2017.03.02
  6. 世界一基準の厳しい基準を満たしたオーガニック先進国ドイツ産のサプリメントとは。日…

    2017.01.12

最近の記事

PAGE TOP