Loading

無農薬、最高品質のバニラだけを厳選!収穫から製造まで全て一人の女性が完全手作業。ここでしか手に入らないハッピーなオーガニックバニラビーンズ。


国を挙げてオーガニック農産物の生産に力を入れているサモアに注目し、
魔法のように芳醇な香りのバニラビーンズを輸入して、
IN YOU Marketに出品している藤田さんにお話を伺いました。

知られざるオーガニック天国、サモア

サモアという国を知っていますか?

きっと日本では、正確な場所を知らない方が多いかと思います。

オーストラリアのちょっと北の、南太平洋にサモアは位置します。

どこまでも続く青い海、
キラキラと降り注ぐ太陽の日差し。

サンゴ礁には色とりどりどりの魚が穏やかに暮らし、
熱帯植物の森には美しい川が流れ、
鳥たちのさえずりが聞こえるサモア。

人々は、伝統的な文化を尊重し、
豊かな自然を守って暮らしています。

そんなサモアが国を挙げてオーガニックに取り組んでいることを知り、
とても興味を持ったのです。

小さな国、サモアですから、
日本国内で得られる情報が大変少ない。

島国で、日本からの直行便もないのですが、
どうにも気になって、情報がないままとりあえず行くことにしたのです。

まるで魔法にかかったように甘く芳醇な香りのバニラビーンズ

こちらの商品を買う

現地に着くと、
オーガニックについてよく知っている博士に出会いました。

コンパニオンプランツのことや、
農薬無しで植物を害から守る方法について、
あらゆるお話を聞かせてくれました。

日本人がオーガニック農産物を探していることに興味を持ってくれて、
バニラビーンズの生産者を紹介してくださることになったのです。

シュリーさんのバニラの畑と製造工程を見せていただいたのですが、
気の遠くなるような作業を一人でこなす姿を見て、
どれだけ手がかかるのか!と驚きました。

彼女の丁寧で愛情たっぷりの仕事を見て、
この商品を日本人に届けたい!
という気持ちが湧いてきました。

魔法のように芳醇な香りのバニラ豆は、
粉砕したり、エッセンスに加工するより、
バニラビーンズそのものの形で届けたい。

この香りをそのまま存分に味わってもらいたい、
と思います。

途方もなく膨大なバニラ栽培の手間

バニラに蕾がつくと、シュリーさんは一人で毎日チェックし、
一つ一つ丁寧に目印をつけていきます。

一つの花が咲くのは、年一回。

そろそろ花が咲くかなぁと、
全ての木を毎日見て回ります。

花は午前中の中でも2時間くらいしか咲かないのですが、
見つけ次第受粉、という作業を1ヶ月ほど毎日行います。

花が枯れるとビーンズができるのですが、
サヤが大きくなるまで9ヶ月ほどかかります

バニラビーンズはとてもデリケートで、
雨が多くてもダメ、日焼けもダメ。

シュリーさんは日照具合を見て、
周りにある葉でコントロールするための作業を、毎日していきます。

収穫まで、気が遠くなるほどの時間と手間がかけられているのです。

香りの良いバニラに仕上げるための膨大な作業

こちらの商品を買う

私もちょうど収穫の時期に訪れましたが、
一日に20〜50ほどのさやを収穫します。

バニラビーンズを収穫するとき、
鞘は緑色でインゲン豆のような姿をしています。

この時点では香りは全くなく、
よく売られているような良い香りの黒い色にするまでに、
さらに3ヶ月ほどかかる
んです!

シュリーさんが収穫日ごとに見極めて、
温めたり、冷やしたり、徐々に乾燥させて
熟成を促すトリートメントを施します。

まずはお湯につけて温め、夜通し外に出し、翌日は部屋に入れ、
一日1、2時間天日干しし、タオルに包んだり…。

こういった作業を収穫日ごとに行うので、
毎日様々な行程を同時にしなくてはなりません。

徐々に水分が抜けて乾燥が進むと、
今度は一日一回さやをしごいてなでつけます。

バニラのオイルがしみ出て、
サヤが天然のオイルでコーティングされる
のです。

シュリーさんは一年で600本のバニラを収穫しますが、
毎日10回以上このマッサージを繰り返すことで、
バニラビーンズが出来上がります。

バニラビーンズは日焼けしたら商品にならなくなりますし、
水分量の加減など、人の知恵が必要で、
機械での作業は不可能。

シュリーさん一人で一年かけて熟成させたその香りは、
これだけの手間をかけたからこそ
、なのです。

最高品質のバニラだけを厳選

こちらの商品を買う

シュリーさんが栽培するバニラビーンズのうち、最高のグレードの200本を
私が販売させていただくことになりました。

バニラビーンズの質は、長さで決まります。

小さい豆でも香りはありますが、
一本にたくさんのビーンズが入っている20cm前後のものが
最高品質
と言われています。

バニラの香りは、ちょっとふわっと香るだけでも
ハッピーになれるもの。

キッチンや部屋に置いておくだけでも幸せになれる香りですよね。

毎日愛情を込めて丁寧に作られているものだから、
心から楽しんで使っていただければと思います。

農薬を使わない、生産者の顔が見えるバニラビーンズ

こちらの商品を買う

バニラビーンズというとマダガスカルというイメージがあるかと思いますが、
農薬を使わないバニラビーンズは、なかなかありませんね。

市販のバニラビーンズは産地は書いてありますが、
誰が作っているかもわかりません。

このバニラビーンズはシュリーさんという生産者の顔が見える商品で、
いつ収穫したものかもはっきりとわかる。

安心のエビデンスが違います。

農薬を一切使わず、
収穫から製造まで全て一人の女性の手による完全手作業で
愛情を込めて仕上げられた、ハッピーなバニラビーンズ
です。

バニラビーンズの意外な使い方

こちらの商品を買う

バニラビーンズはスイーツに使うのが一般的ですね。

プリンやアイスクリーム、クリームなどに
ほんの少々加えるだけで、幸せな香りが広がります。

でも、実はお料理が苦手な方にもオススメです。

お塩やお砂糖の容器に入れたり、
ラム酒やワイン、オイルに漬け込んだりして
香りをうつして楽しめます。

紅茶や挽いたコーヒーにも
天然のアロマをうつす
こともできますよ。

ビーンズを使った後のさやでも
十分に香りが楽しめる
ので、
是非試していただきたいと思います。

お菓子以外でも大活躍!ハッピーになれるバニラビーンズ

花が咲いてからから完成まで約一年ほど、
たっぷりの愛情と手間をかけて育てられた
最高グレードのバニラビーンズ。

この幸せな香りは、嗅いだ方にしか味わえない、
魅惑のバニラビーンズです。

スイーツの材料としてはもちろん、
お部屋やキッチンのアロマとして、
お酒やオイル、お茶、コーヒーなど
いろいろな形で楽しんでいただけます。

サモアの大自然に思いを馳せながら、
魔法のような最高級バニラの香りを
ハッピーな気分で使っていただければ嬉しいです。

こちらの商品を買う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

口に出来ないものは肌にもつけません。世界で最も厳しい基準でファッションモデルが開発したオーストラリア生まれのオーガニックコスメ

農薬の本当の恐ろしさを目の当たりにし、無農薬・無化学肥料の自然栽培に果敢に挑戦する、熊本県の農家さんを取材しました!

関連記事

  1. 大好きな故郷をオーガニックの梅の郷にする!変わり者扱いされながら有機栽培、無添加…

    2017.10.11
  2. 「色を食べる」。チャクラに基づいたスムージー本の作者に訊く日常へのチャクラの取り…

    2016.09.26
  3. 農薬を使用しない世にも珍しい奇跡のいちごを使った奇跡のタルトの秘話を伺いました!…

    2017.06.30
  4. 農薬の本当の恐ろしさを目の当たりにし、無農薬・無化学肥料の自然栽培に果敢に挑戦す…

    2017.06.24
  5. コーヒーに魅せられ、直火で生豆を焙煎し続けて35年。手網焙煎からスタートした、感…

    2016.12.25
  6. 「安全性で一番になる」を目標に掲げた日本の伝統を支える本物の有機醤油づくりに挑む…

    2017.07.14

最近の記事

PAGE TOP