Loading

日本の農家の99%は農薬を使っている。山梨で”有機野菜ではない”無農薬・無肥料・固定種の野菜を育てている農家さんのお話。


美味しいお野菜を育てている松本さんからお話をお伺いしました。

私は現在、自然農法家として、豊かな自然に囲まれながら無農薬・無肥料・固定種の野菜を生産しています。

私は大学院卒業後、
農産物の関税撤廃を含む、各国との自由貿易協定交渉等に従事する中で、
日本の国内農業や食の在り方について問題意識を持つようになりました。

聞けば有機JASの野菜も実は遺伝子組み換えであったりする問題をはらんでいたり。
化学肥料・農薬は人にも自然環境にとってこんなにも良くないのか、じぶんがなんとかしなければいけないと思い立ち、農業を始める決心をしました。

そして長野県にある公益財団法人自然農法国際研究開発センターにて農業研修後、
山梨県にて、2013年頃から農場を設立し、現在に至ります。

日本の農家の99%は農薬を使っています。

それによって野菜・土壌・水質・人体への汚染へと繋がっています。

健康とか、安全はそもそも美味しい食べ物ってなんなのかと突き詰めていくと、
「良い栽培環境で作られたものが美味しいんじゃないか」ということに行き着きました。

もともと自然農法をしている方に影響され、その方々の著作に触れながら試行錯誤し、この農法を選びました。

農家としてやっていくのは厳しいですが、
自分独自のやり方を工夫しながら始めて行くことになりました。


無農薬・無肥料・固定種のお野菜を買う

、無農薬・無肥料の固定種のみを栽培。交配種と言われるF1種は育てない。

有機栽培の野菜でさえ遺伝子組み換えであることもあります。

食べ物を買うときに、よく考えず、上辺だけのネーミングで判断してしまうのは危険です。

まずF1種とは、異なる品種同士の野菜を掛け合わせて作られる種類の野菜のことです。
スーパーや宅配で購入される野菜のほとんどはF1種。

しかしF1種は種を蒔いても、次にできる野菜は姿形が様々に異なるものができて、
子孫を残せない野菜たちがほとんどなのです。

なぜ交配種が市場を台頭しているのか?

交配させて作られた品種の第一世代はメンデルの法則により

雑種強勢といって両親の遺伝子のうち優性形質だけが現れるため、

・大きさや形が均一になる
・栽培期間が短縮される
・収穫量が増える
・収穫時期が揃う

などの変化が起き、
自然に反して生産者側の都合に合わせた栽培ができるためなのです。

また、交配種の第二世代の野菜は、姿形が不揃いで様々なものができてしまい、
種苗会社にとっても、毎年生産者から種子を購入させるために都合のいい品種になってしまっているのです。

本来私たち人間のように1つ1つ個性のあって良い野菜たちが、今やロボットのように人工的に操作されたものばかり。そのせいで、野菜に含まれている栄養も、年々減っていっています。

IN YOUの記事で参考になるページがありますのでぜひご覧ください。
http://macrobiotic-daisuki.jp/f1-81484.html

遺伝子の近いもの同士で交配を繰り返すと、異常が現れるのは人間も動物も野菜も同じです。
私は、そんな中で”本当の野菜”を守り続けたいのです。

無農薬・無肥料・固定種のお野菜を買う

美しい自然と、人々の健康を守るために

私の農場では、環境のことを考えて、トラクターやビニール資材など使い捨ての石油化学資源を一切使用していません。

このやり方で大量生産はできないですが、美味しい野菜を作るために、このスタイルを続けています。

八ヶ岳という自然環境には、日本名水百選と呼ばれる水があり、

空気が澄んでいるため、国立天文台も置かれています。

土は、他から来たものを入れておらず、その土地元々の土の良さをそのまま生かしています。

それゆえ野菜への甘みや旨みが、自然からのパワーによって与えられているのです。
野菜にとっても人にとっても心地いい環境で、本来の自然の力を最大限に引き出しつつ、野菜を作っています。

無農薬・無肥料・固定種のお野菜を買う

健康について普段から深く考えている方たちへ、

この無農薬・無肥料・固定種の野菜をぜひ食べてみていただきたく思います。

そして農薬不使用の食べ物が価値を認められ、これからどんどん普及していくようにと願っております。

日本は、他の国に比べ、島国で面積も少ないのにもかかわらず、

産業が高度な成長を遂げてしまっています。

それゆえ、農薬の影響や、環境破壊の状況が深刻なのが現状です。

少しでも人々にとって安全安心な食べ物を届けたいという思いで、1つ1つの野菜を丁寧に作っています。

そして、持続可能な食べ物や農業のあり方を感じてくださいますと幸いです。

無農薬・無肥料・固定種のお野菜を買う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「有機農業を当たり前の存在にしたい。」無農薬・無化学肥料で作る、栄養たっぷりの小松菜のお話

オーストラリアでサステナブルな生き方をするデヴァイン一家。その一家の作るフードラップ。

関連記事

  1. 千坂式食療法を再現した、30時間煮たごぼうの成分が丸ごと生きている無農薬のごぼう…

    2017.10.31
  2. 地域運動から事業へ。先人の努力を受け継いでいく、原料から製品まで一貫生産されたオ…

    2018.05.18
  3. 人間の原初の脳を呼び覚ます。本来、体をあるべき状態に戻す完全オーガニックの妊活フ…

    2018.06.04
  4. 毎年あかぎれるほど悩んでいた乾燥肌。そんな時に出会ったウガンダ産シアバターの奇跡…

    2018.01.15
  5. 200回以上試作を繰り返した、界面活性剤を使わない、抗酸化力に優れたオーガニック…

    2017.11.13
  6. 長距離ランナーから無農薬りんご農園として農家に転身。感動してもらえるほどのものを…

    2018.01.22

最近の記事

PAGE TOP