たった1%と言われる奇跡の海から汲み上げた自然そのままの塩|昼夜逆転の生活をしていた私を救ってくれたバリ島に恩返しがしたい | IN YOU Market|厳選オーガニックショップ-食品・コスメ・サプリ

たった1%と言われる奇跡の海から汲み上げた自然そのままの塩|昼夜逆転の生活をしていた私を救ってくれたバリ島に恩返しがしたい

2019/09/23

サンスクリット語で
「神様への捧げもの」を意味する「ワリ(WALI)」
という言葉が由来の「バリ島(BALI)」。

日本でも有名で人気があるリゾート地で、
「神々が住む島」とも言われているほどに、島全体がパワースポットと言われています。

島の最北端には「テジャクラ」という美しい自然に囲まれ、
世界で1%しかないと言われている奇跡の海と、500年も続いた塩田があります。

この島に癒され、お世話になったこの塩田を守りたい、恩返しがしたい、
そして日本の人たちにももっと健康になって欲しいと思い、塩作りに取り組んだ
生産者の渡部さんに思いをお聞きしました。

テジャクラの塩との出会い

私はかつてバリ島に住んでいたことがあります。
もともと塩が好きだったこともあって、日本に戻るときは、よく塩をお土産に持って帰っていました。

ある時、「バリ島の塩を日本に持って帰って販売してくれないか?」というお話を現地の方にいただきました。

話を聞くと、500年も続いてきた塩田が朽ちかけていること、
その理由は、結構な重労働であるために若者が継ぎたがらず、塩田が失われそうになっているというのです。

私がバリ島に住み始めたとき、実は昼夜逆転の、不健康極まりない生活をしていたのですが、
塩と村の人たちに助けられて、朝も早く起きれるようになりました。
あのままの生活を続けていたら、今頃・・・そう思うと、ギョッとしますよ。

自分を救ってくれた塩田を守りたい、バリ島に恩返しがしたい

その想いと感謝の気持ちで、日本に帰国してこのテジャクラの塩の販売を始めました。

乾季にしか取れない貴重な塩

テジャクラの塩は、乾季にしか作ることができません

完全天日干しで自然の力のみで作るため、もし乾季に雨が降ったら生産量も落ちてしまい、
職人さんたちの収入が安定しなくなってしまいます。
なので、毎年職人さん達と話し合いをして、適正価格での取引となるようにフェアトレードにしています。

海洋深層水が湧き上がる奇跡の海

テジャクラの塩は、海から水を汲むことから乾燥まで、
全てを職人さんたちが手作業で行なっています。

使用する海水は、多くのミネラルをバランスよく含んだ、
様々な効果があると期待されている「海洋深層水」

本来なら海洋深層水は水深200mの光が届かないところに流れているのですが、
このテジャクラの近くの海には湧き上がっているのです。

バリ島で一番赤道に近いテジャクラ村海域は、二つの海流がぶつかり自然に海洋深層水が湧き上がる、非常に珍しい海域です。
そのため世界で1%しかないと言われている海。
さらに、活火山のミネラルが豊富な土壌な事もあり、世界でも有数の塩の産地として知られています。

これこそがテジャクラの神秘と言えるでしょう。

全て手作業で、完全天日へのこだわり

日本で多く見かける天日塩は、途中で釜に入れて熱を加えていますが、
テジャクラでは、乾燥も全て太陽の光と熱の力を利用して行なっています。

なぜ完全天日にこだわるかというと、
人工的な熱を加えると、海の豊富なミネラルバランスが崩れてしまうから。

日本では、当たり前に食べている塩のほとんどが塩化ナトリウムで、
それによって健康を害している人もいます。

だから、本物を届けたい

塩化ナトリウムの過剰摂取で高血圧で悩み、塩分を控えるように指導された方はもちろん、
バランスの良い海の成分は様々な体の不調をサポートしてくれます。

私はバリ島だけでなく、日本の人々の健康も守りたいのです。

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

自然からの贈り物は、自然に優しいパッケージで

テジャクラのお塩は、自然からの贈り物。
だから感謝の気持ちを込めて、
パッケージについても、使っているガラスや木、紙は、
極力リサイクルしやすいものを使うようにしました。

特に、詰め替え用のパック。
これを普通に売られている石油系プラスチックを使ってしまうと、
今、問題になっているプラスチックゴミによる海洋汚染に繋がってしまいます。

どうしてもそれは避けたく、調べたところ、アメリカで
100%トウモロコシで作った素材をようやく見つけました。
しかし、植物性100%だとどうしても素材自体がもろくて中身が出てきてしまいました。

それでも諦めきれず、日本中を探し回ったところ、
1件だけ協力してくれる業者さんに出会うことができ
バイオマス度25%の二酸化炭素排出を抑えた、
植物由来のプラスチック袋を特注で作っていただきました。

どのような使い方がありますか?

テジャクラの塩は『あら塩』『パウダー』『ピラミッド』『キューブ』の4種類。

あら塩の使い方

4種類の塩の中で、一番最初にできるのがあら塩。

海と大地のミネラルが豊富なこともあってか、とても味わい深い美味しいお塩です!

一度、他の塩を試されたけれど、
「この塩でないとダメなんです!」と言って戻って来られるお客さまも多くいらっしゃいます。

素材の味を引き立てて旨味を与えてくれるので、
何にでもパラパラとかけてお使いいただけます。
ピリッとした辛味がないので「甘くてなんでもかけたくなります」とおっしゃっていただいていますね。
かけるだけでなく、梅干しなど、漬けものに使うのもおすすめです。

ピラミッドの使い方

形が形なだけに、ヒーラーやセラピストさんがよく買われます。
浄化に使われるそうで、良からぬエネルギーをもらってしまったときや、
セッション前に、お客さまにも一粒召し上がっていただいたりして使われるそうです。

また、形が盛り塩にも似ているので、
盛り塩の代わりに、玄関の両サイドに一粒ずつ置かれる方もいらっしゃいます。
形がかわいらしいので、フランス料理などにかけて使われることもあります。

こちらは携帯しやすいので、外出先でのミネラル補給として
手軽にお使いいただけますよ。
可愛いから周囲の話題になりそうですね!

キューブの使い方

キューブは、ピラミッドのトップの部分なんです。

ピラミッドの赤ちゃんのため、同じように浄化に使われる方もいらっしゃいます。
キューブも携帯しやすい形状なので、外出先でのミネラル補給にもお使いいただけます。

また、4種類の中でキューブが一番硬いので、
ペッパーミルにブラックペッパーと一緒に入れてかけていただいても美味しくいただけます。

パウダーの使い方

パウダーは、細かくて肌に乗せやすかったり、
水に溶けやすいことから、美容や肌トラブルの改善にお使いいただくことができます。

一番のオススメは鼻うがい。
塩分濃度が9%になるように塩をぬるま湯に溶かし、鼻から入れて口から出します。
すると、鼻をかんでも出てこなかったのに「こんなのが鼻の中にあったのか!」と驚くようなものが出てきます。

風邪予防をしたい方や、花粉症にお悩みの方にはおすすめです。

また、ミネラルが豊富なためお肌を綺麗にしてくれます。
ニキビなどの気になる部分に塗ると、1〜2日でニキビの膿が抜けていきます。
大量発生したニキビには痛いので、濃度1%の塩水スプレーを作ってかけると良いでしょう。

湯船に溶かして入られる方もいらっしゃり、
「アトピーが良くなった」
「かゆみがひいた」

と喜ばれている方もいらっしゃいます。

また、抜け毛の予防にもお使いいただけます。
毛穴が綺麗になって引き締まることで抜け毛を防いでくれます。
濃度10%の塩水を作り、頭皮をマッサージします。

ヒリヒリした感覚があるかもしれませんが、
それは回復を促進している証拠なのであまり問題はありません。
ただし、くれぐれも無理をしないで
塩分濃度を下げてお使いください。
最後は熱めのお湯で流すとスッキリをします。

もし髪の毛が長くてゴワついてしまう方は、
最後にコンディショナーを使われることをおすすめいたします。

『海のミネラルが入った塩は薬に代わる』とも言われています。

海洋深層水と太陽、そして大地の力が込められた自然の力で、
多くの方の健やかな暮らしのお力になれましたら嬉しいです。

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

favorite