ABOUT IN YOU MARKET | IN YOU Market|厳選オーガニックショップ-食品・コスメ・サプリ

IN YOU Marketは、
「家族や大切な人に自信を持って贈りたい」と
心から思えるもののみを扱う
「全ての人にオーガニックな暮らしを」をテーマにした、
オーガニック・オンラインマーケットプレイスです。

私たちは「買い物は投票活動である」と、考えています。

「買い物は投票活動である」とは、何気ない買い物という些細な行動が、全て日本やこの世の中を変えるための大事な第一歩に繋がっているという意味です。

毎日のお買い物という行動は、「どんな企業や、どんな人を応援してどんな未来をつくりたいか?」という、あなたの意思表示になっています。

OUR
PROMISE

「家族や大切な人に自信を持って贈りたい」と
心から思える商品だけを全てのお客様へご提供します。

3BENEFITS OF SHOPPING
at IN YOU Market

  • オーガニック事業を行うメーカーや生産者を
    応援することができます。
  • オーガニック製品を使い、触れていただくことで
    「あなたの心身を豊かにするためのヒント」を
    受け取っていただきます。また、あなたの大切な
    人や家族の健やかな生活をサポートします。
  • IN YOU Marketでお買い物をすることで、健やかな暮らしに必要な情報を全国へ発信することを、支援できます。
    あなたがお買い物をするだけで、IN YOUを通じて少なくと年間数千万人以上の多くの方に対して大切な情報のお届けが可能になり、オーガニックな考え方を日本に広め続けることに、貢献できます。

PRODUCT SELECTION CRITERIA
OF “IN YOU Market”

  • 家族や大切な人にも自信を持って贈りたいと私たちが考える製品のみを選定しています。
  • 掲載商品のうち約99-98%がオーガニック・有機基準レベルまたはそれ以上のレベル(農薬不使用、有機肥料すら使わない自然栽培等)を、満たしております。
  • 有害な食品添加物や遺伝子組み換え由来のもの、石油由来の原料が原材料に含まない商品を、書類とサンプル審査の上、選定しております。
  • 有機JASやエコサートなどの認定マークが記載された商品であっても、その原材料を再審査・検討し、独自の規定を満たさない場合は、掲載を見合わせます。
  • 最大限消費者の健康・安全面に配慮された商品だけを取り扱っております。
  • 原材料の一部が減農薬等である場合(掲載商品のうちわずか数パーセントのみとなっております。)かつ、それでも審査してご提供の価値があり、大切な人に贈っても差し支えないと判断するに至った商品については、あたかも100%オーガニックの
    ようには謳わず、その旨、ページに明瞭に記載しており、内容にご納得いただけた方にのみ、お買い上げいただいております。

Message from CEO

代表からお伝えしたいメッセージ

こんにちは。
IN YOU Marketを運営する株式会社インユーの代表取締役、松浦 愛と申します。

この度は、IN YOU Marketにお越しいただきありがとうございます。

すでにお買い物をしてくださった方、この度は、「貴重な1票」を当社に投票いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

まだお買い物をされていない方も、ここに来てくださったことは、何かのご縁だと思います。
ありがとうございます。

さて、2013年にIN YOUの前身となるウェブ・マガジンを立ち上げ、その後2016年に当社を設立して以来、私たちは、皆さまの暮らしをより健やかで幸せなものにするため、そして自分や大切な人の身を守るための「今すぐ使える情報」を通じて消費者の意識改善に努めてまいりました。

そしておかげさまで現在、同じ思いを持った、たくさんのリピーター様、読者様に恵まれることができました。

IN YOU Market 立ち上げへのきっかけと想い
「世の中を消費者から変えること。」に挑戦します。

2016年の冬、IN YOUMarketは誕生しました。
立ち上げのきっかけは、ほんの、ふとしたことからでした。

オーガニックウェブマガジンIN YOUを運営する中で、読む人々が「毎日、どんな物を選べばいいのか?」という情報を強く、求めていたことがわかったのです。

「IN YOUでみたレシピの材料をそろえたいけれど、どこで買えばいいかわからない。」
「忙しくて選ぶ暇がない。」
「おすすめの〇〇はどれですか?」


読者からのこんな声もありました。

確かに、現代人は、毎日忙しい。

様々なメディアで情報が氾濫する今、限られた時間や
限られた知識と経験の中で、よい商品にたどり
着くことはとても難しいと思います。

そんなニーズもあり、私はこう思いました。

私も、そんな悩みを解消したい。

ー そこで思いついたのが、IN YOU Marketでした。

素晴らしい思いを持った業者や生産者を応援したい。

私にできることは、なんだろう?

私に唯一、できることは数年前の当時、「多くの読者さんに情報を伝えること」でした。

けれど、それだけじゃ足りない。

では、情報発信のみならずIN YOUが時間のない、忙しい現代人の皆様の代わりになって「世の中のまだ知られていないものも含めたいいもの」を厳選してお届けする役目になろう。

そう思ったのです。

その結果、この世の中を消費者から変えるための壮大なプロジェクトとして「IN YOU Market」の着想に至りました。

オーガニックや安全なものが当たり前の世の中を作りたい。
オーガニック市場を日本から世界へ。

私がこれまで仕事を通じてさまざまな方にお会いしてきた中で、日々問題だと強く感じていたのは、日本のオーガニック農地のあまりに少ない面積でした。

例えばオーガニックがすでに発展しているヨーロッパなどの先進諸国と比べるとなんと約100倍以上の差をつけられているのです。


実際に、ドイツなどオーガニック先進国と呼ばれる国に私も視察のため実際に何度も足を運んでおりますが、田舎町の住宅街や繁華街にすら巨大なオーガニックスーパーがごく普通に立ち並んでいます。そしてそこに売られている食材はなんと、100パーセントがオーガニックでした。
現地の人からすると、もはや「オーガニックは珍しい」という感覚ではなく、日常に自然に溶け込んでいることを感じました。

一方健康志向の高まる海外と比較し、日本はオーガニック農地面積は約0.3%台をさまよっているにも関わらず、近年、各国で禁止された農薬や種類を拡大・緩和したというニュースも飛び交っています。

さらに、これからの日本は、海外から輸入された安全性の不確かな遺伝子組み換え作物などの安全性の不確かな食品が、ますます一般的に販売されていく可能性が高く、食品の安全性を危惧する声があちこちからあがっています。

業界の専門家は「消費者が目を覚まさないと、日本は終わりだ」とまでおっしゃいます。

いつから「オーガニック」が特別視されるようになってしまったの?

「農薬は戦争の産物」と言われる通り、戦争で余ってしまった資源をそのまま肥料に変えた、という話を知り、私は言葉を失いました。

「オーガニックが高い」とか「富裕層が買う物だ」いうイメージに、未だに違和感を持つ方も多いでしょう。

なぜなら、農薬がなくても作物を育てる習慣や技術は、かつてどの地域においてもあったのですから。

ちなみに、現在も発展途上国の一部では、農薬を買うお金がなくて、無農薬栽培をするしかない国もあります。

工業化が進み、「便利な物を安く大量に作って安く売る」という商業的な考え方が食や農業においても求められるようになってからでしょうか。

手っ取り早く一見綺麗な作物を作ることのできる農薬や化学肥料、そして遺伝子組み換え技術や度重なる品種改良といった様々な技術が、当たり前に適用され、普及するようになりました。

しかし、本来オーガニックは「本質的」と和訳されるように、非常に、本質的な考え方なのです。

オーガニックは特別な物ではなく、人間や動物が共存し、自然に寄り添って生きていくために必要な方法であり、当然の姿だったはず。

それがいつの間にか、農薬や化学物質まみれの食事が当たり前で、「オーガニックは特別なもの、特別な人が買うもの、贅沢品」というイメージが定着してしまいました。

この現状を「おかしいと」と思わないとしたら、異常とも言える、現代の食卓に慣れてしまっているだけなのかもしれません。

「何も知らないのは日本の消費者だけ?」

このページにきてくださった方は意識が高いので、きっとそうではないと思いますが、まだまだほとんどの消費者はこれらの実態を全く知りません。

さらに、若年層の中には、農薬どころか、日本で原発事故が起きたことすら知らない人もいます。

そう。何もこの世界、そして日本のことを知らないのは、私たち消費者だけなのです。

「公的機関が認めたなら、国が安全だというなら、きっと大丈夫に違いない」

未だに不確かなデータを信じる人々が後を絶ちません。

また、農薬のみならず、数えきれないくらいの添加物の使用も顕著です。
米国で禁止されたトランス脂肪酸の含まれる食材も一般市場で売られていますし消費者の健康が不安視される商品も、増え続けています。

この危機的現状に少しでも歯止めをかけたい!

そう思っているのは私だけではないはずです。

「でも、一体、私は何からすればいいの?」が正直なみなさんのお気持ちではないでしょうか。
現代社会に生きる人々はあわただしく仕事に追われた結果、自分のことを蔑ろにして、疲れ果ててしまう人も少なくありません。


食生活は市販総菜や安価なワンコインのお弁当で済ます。
気が付いたら身も心もボロボロ・・。

そんな人を減らし、心身ともに健やかな人を増やしたい。
そう思ったのは私の個人的な体験からでした。

心身ともに健やかな人を増やしたい。
すべての人にオーガニックな暮らしを。

「すべての人にオーガニックな暮らしの素晴らしさを知っていただく必要がある。」

IN YOUを立ち上げた当時、私の中で、そんな思いがつのるようになりました。
世の中には素晴らしいものづくりをされる方がたくさんいらっしゃることを、知っています。でも売る力がない・・・。

それだけであふれかえる大量生産の商品に埋もれてしまうのはとても勿体ない。私たちIN YOUはそんな素晴らしいことを行う人たちを応援したいと思っています。

オーガニック・メディア発のオンラインストアだからこそ私たちにしかできないことがあると思っています。

私たちは、読者のみなさんと一緒になって、よりよい世界をともに作っていきたいと思っています。

買い物は投票です。
「一円でも安いものを買う」から「応援したいから買う」という、新しい基準へ。

もしもあなたが、今の世の中に少しでも疑問を感じるならば、逆に今から改善するチャンスも沢山あるということです。

目の前の壁に対して、絶望してやる気をなくしたり、他責にするのではなく、常に明るい可能性に目を向け、最後まで希望を持って今自分ができる最善を尽くす。

これが私たちIN YOUという企業のあり方であり、考え方です。


仮に「今見えている景色や出来事は自分の責任だ」と思って、この世界を眺めてみると、改めて新しい世界に気がつき、出会うことができます。

誰から買うのか、どんな企業から買うのか。

あなたの今日の何気ない行動は、決して侮れません。

消費者一人一人の力は本来とても強いはずなのです。

何気ない行動の積み重ねが、全て未来に繋がっていくのですから。

買い物という今すぐできる簡単な行動で「消費者一人から起こす革命ができる」と思えば、どんな物を買うか、少しこれまでとは基準が変わってくるのではないでしょうか?

さて、ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。
私たちIN YOUは、どこまでも消費者様から投票され続けるような、企業を目指してまいります。

もし何かお気付きの点や「もっとこうして欲しい!」などリクエストがありましたら、いつでもお気軽にご連絡をお待ちしております。

真摯に受け止め、一人一人の声を少しでも反映できるように努力いたします。

さあ、ぜひ一緒に、日本の食をクリーンなものに変え、素晴らしい未来と素晴らしい世界を作っていきましょう!

PROFILE

オーガニックなライフスタイルを提案する、
WEBマガジンIN YOU 編集長/
株式会社インユー代表取締役CEO。

北海道札幌市出身、札幌市生まれ。ベンチャー企業の新規事業セールスやマネジャー職等を数年務めた後、日本の食汚染の現状を目の当たりにしたことがきっかけで、オーガニックなライフスタイルに出会う。その後、2014年にオーガニック・メディアの立ち上げに携わり、2016年の冬に株式会社インユー設立。
会社設立1年半で国内最大級のオーガニック専門メディアに育てる。会社設立翌年、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketをリリース。
「すべての人にオーガニックな暮らしを。」をコンセプトとして掲げ、国内外のオーガニックの普及・拡大を目指し活動中。趣味は食べ歩き、アート鑑賞、乗馬、音楽など。

RECOMMENDEDこの記事を読んだ人にオススメの記事

RANKING人気記事ランキング

NEW STORY新着記事

最近購入した商品

お気に入りの商品

VOICE OF ORGANIC VENDORS出品者の声

VIEW ALL

WHAT IS
IN YOU MARKET?
IN YOU Marketとは?

IN YOU Marketは、
「家族や大切な人に自信を持って贈りたい」と
心から思えるもののみを扱う
「全ての人にオーガニックな暮らしを」をテーマにした、
オーガニック・オンラインマーケットプレイスです。

私たちは「買い物は投票活動である」と、考えています。

「買い物は投票活動である」とは、何気ない買い物という些細な行動が、全て日本やこの世の中を変えるための大事な第一歩に繋がっているという意味です。

毎日のお買い物という行動は、「どんな企業や、どんな人を応援してどんな未来をつくりたいか?」という、あなたの意思表示になっています。


READ MORE