大好きなスリランカで仕事をしよう|溢れかえる大量生産品ではなく、いつまでも長く着れるオーガニックな服づくりに取り組む理由 | IN YOU Market|厳選オーガニックショップ-食品・コスメ・サプリ

大好きなスリランカで仕事をしよう|溢れかえる大量生産品ではなく、いつまでも長く着れるオーガニックな服づくりに取り組む理由

2020/05/21

私はスリランカに自社工房を作り、服作りをしています。11年前に取り組み始め、ブランドとしては昨年ローンチしたばかりです。

スリランカに出会ったのは20年ほど前。

今は世界中のツーリストに人気のスリランカも、長い内戦で2009年までは治安のよくない国でした。

平和が戻ったこの国で自分の「ライフワーク」を見つけようと踏み出しました。

11年前は何をどこでどうするかも全てゼロからのスタートでした。

女性たちが子育て中でも仕事ができるように小さな工房でとチームを作り職人を育て、製作できる体勢に育ててきました。

スリランカに惹かれた大きな理由は、人々と自然。

そのどちらも輝いている美しい島です。

私は沖縄出身ですが、どちらもよく似たところがあります。

新陳代謝を繰り返し、2017年に現在のチームで再出発

海を隔てたスリランカにチームを維持する力が足りず、ひとつ目のチームは自然消滅。

ふたつ目のチームはリーダーに金銭トラブルが起こり解雇。

事態が発覚した時は大きなショックを受けました。

幸いにも育っていたメンバーと共に心機一転、2017年に再出発して今があります。

スリランカといえばAyurvedaが有名ですが、私たちはそのAyurvedaで治療にも使われる植物を使い草木染めをしています。

染色工房と縫製工房、この二つのチームで服作りをしています。

過去の失敗を糧に、今はカタコトの現地の言葉で一人一人と直接コミュニケーションをとるようになりました。

生産から販売に至るまでの全ての経費、日本の販売状況、良いことも悪いことも説明をオープンにしています。

私自身の思いや服作りのコンセプトもより深く理解してもらうよう心がけています。おかげで、喜びも心配も共有できるワンチームへと成長しています。

効率とは真逆の、手間暇をかけ丁寧につくるもの、それを小さな経済でも循環させることで、幸せを循環することが目標です。

みなが技術に対する姿勢を高め、日々笑顔で働く姿をみて、私自身が力をもらっています。

母親でもある彼女たちの愛情深さから教えられることばかりです。

年代問わず長く着られる、素材のいい大人の服を作る

パタンナーさんと共にデザインを形にしていきます。

大人の女性に向け、長く着られるシンプルな服を心がけ幅広い年代の女性に喜んでいただいています。

そして生地は特にこだわるところです。

布はもともとはひとつぶの種を育てることに始まり、多くの職人が関わらなくては生まれません。

見えづらいサプライチェーンだからこそ私たちがつくる服の生地は、生産地や生産者への配慮など透明性があり、なお着心地の良いオーガニックコットンを選んでいます。

その布を自分たちの手で時間を惜しまず植物で染め、縫製も分業ではなく、一人が1着を仕立てています。

着る方のことを想い、心を込めてお届けするためです。

私自身、世の中に服が飽和して有り余っている状態に疑問があります。

最近はアパレル業界にもサステナブルな取組みや価値が芽生えていることは肌で感じますが、まだまだ今のところ大量生産、大量在庫、大量消費、そして廃棄という循環がメインストリーム。

環境に対する負荷、労働環境にも問題は多く、闇を抱えています。

買う側も服の衝動買いを控え、素敵なうえに長く着られるものをじっくり選ぶ。

それがファッションの主流となれば、多くの問題が明るい方向へ進んでいくように感じます。

食べ物だけでなく、着るものに関しても、誰によってどう作られたものかがわかるのは嬉しいことであり安心できることではないでしょうか?

着る人にとっても作る人にとっても、幸せな関係性が循環していくことで、ファッションの力はもっと強く美しいものになると信じています。

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム


RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム


RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム


RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム


RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

favorite