台風が来たら全滅。1つも収穫できないリスクを知りながら「良いものを作りたい」と、喜界島でオーガニック農法を行う人々に話を伺いました。 | IN YOU Market|厳選オーガニックショップ-食品・コスメ・サプリ

台風が来たら全滅。1つも収穫できないリスクを知りながら「良いものを作りたい」と、喜界島でオーガニック農法を行う人々に話を伺いました。

2020/03/26

ボタンボウフウに出会って実現した農薬不使用の青汁。

今回、喜界島にてオーガニック農法で、ものづくりを行う方々に、お話を伺いました。

ボタンボウフウという植物があり、私たちは、その植物をメインに用いた青汁をご提供しています。

10年前、喜界島出身の方が島おこしをするため自生しているボタンボウフウを栽培して、栽培だけでは継続が出来ないので、それを製品化するために使って商売を始めたのがきっかけです。

当時は、沖縄の与那国島が始まり。

ですが、「喜界島にも同じものがあるじゃないか」ということで、ちょうど当時喜界島で閉校になった学校いくつかありまして、そこの一箇所をお借りして、工場にしたんです。

それがきっかけとなり、今に至ります。

ボタンボウフウの成分的にはクロロゲン酸というポリフェノールや、食物繊維がたくさん含まれています。

ボタンボウフウを主要な原料としながらも、喜界島で収穫できるゴマの若葉にも色々いい成分があるし、島桑もいいしということで、素晴らしいオーガニックで、ボタニカルな素材を見つけたことにより青汁を製作することができたのです。

血糖値の上昇を抑える働きがあるボタンボウフウ。

ボタンボウフウには、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

実際に鹿児島の大学の教授にもお願いして人による試験をしましたし、血糖値の急上昇を抑えるということで機能性表示食品として受理されました。

ちゃんと食前に服用すると、そうしなかった人と比べて、結果が違っていることがわかりました。

あとは、便の出方がよくなったとか、頻繁に病院に通っていたけれど、そうせずに済むようになったとか色々いい話を聞くようになりましたね。

糖尿病予備軍におすすめできるものだと思います。

ゴマ若葉というものも入っているのですが、ゴマ若葉自体を作っているとこは日本にほとんどありません。ボタンボウフウも農薬不使用ですし、ノンケミカル。

全て農薬、化学肥料は使用せず、オーガニック栽培でやっていますので、栽培においては、少し大変なところもあるのですけれど、サプリメントの原料になるということで、きちんとしたものを作っていることをアピールしております。

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

1年目に大きな台風が来てゴマが全滅。それでもめげずに続け、2年目で蜂蜜が完成。

次に、喜界島の蜂蜜やごまのことについて伺いました。

また、喜界島で安心をお届けするために薬品を使わない蜂蜜も、作っております。

元々私自身、知識は全くなかったのですが、農業大学で研修制度があったので1年間農業について勉強しまして、それがきっかけにもなり養蜂をスタートすることに。

喜界島は1年中暖かいのですが、冬になりますと鹿児島の本土の養蜂家が蜂を越冬させに来る人が多いのです。それで喜界島は養蜂に向いているのかなあ、とふと思ったんですね。

ところが喜界島で養蜂を始めた際、ちょうど1年目に、とんでもない大きな台風が来てしまいました。

夏に喜界島は多くゴマが収穫できるのですが、ゴマの花が散ってしまい、蜂蜜が採取できなくなってしまったんです・・。

自然の恐怖を味わい、自然にはかなわないなあと面食らいましたね。

でも、次の年にはゴマのはちみつを、ちゃんとたくさん取ることができました。

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム


RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

薬品を使わない「自然な養蜂」では、病気を出さないためのこまめな点検が肝心。

薬を使わない自然な養蜂なので、蜂に病気が発生しないようにまめに点検をしています。

蜂の数が減ると病気が発生するサインなので、蜂の数が減らないように気をつけて見たりしています。

ダニも蜂にとっては、強敵です。

以前2、3箱全滅しちゃったりして、その時はとても大変でした。

薬品に頼らない養蜂は、こまめにチェックが肝心で、普段から見て、異変に気づくことが大事です。

それから、喜界島は、白ごまの生産が日本一。

私たちも、かれこれゴマは、8年ほど栽培をしております。

花から取れる蜜も貴重なので、色々と京都産業大学と一緒に研究をする中で、ゴマ成分には健康的にいい要素があることもわかりました。

ゴマ栽培の大変なところも、また台風です。

台風がそれてくれたらいいのですが、台風が来てしまうと、100かゼロという風に全滅することも珍しくありません。

大きな台風が来ちゃうと完全に、ゼロになっちゃいます。

他のものよりも圧倒的にリスクが高いのです。

ですから、ゴマは、圧倒的に、国産が少ないですよね。

リスクが低ければゴマの専業農家も増えるのでしょうけれど、リスクがあるので増えないんですよ。だから国産で農薬不使用のゴマが本当にない。

ただ、台風さえ来なければ、3ヶ月で収穫できますし農薬に頼らなくても虫がそんなにつかないので、栽培自体は比較的容易にできる。そういう意味では魅力的な作物です。

最後に、喜界島は、本当に自然豊か。

夏も35度以上にはならず、涼しいくらいで、過ごしやすく快適な環境が特徴です。

のんびりした島で、野良猫も多く、道路に野良猫が真ん中で寝転んでいます。

車が来ても、野良猫は寝たままで、避けないくらい。笑

そんな美しい喜界島で作られた自然の力が詰まった商品、ぜひ、味わってみてください。

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム


RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム


RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

favorite