安い野菜を見て喜ぶのではなく現状を知って欲しい|年収200万円にも届かない自然栽培農家の過酷な現状を変えるために必要なこと | IN YOU Market|厳選オーガニックショップ-食品・コスメ・サプリ

カートを見る
すぐ配の商品は、同梱が可能かつ、比較的早くお客様のもとにお届けが可能です。
すぐ配の商品は、同梱が可能かつ、比較的早くお客様のもとにお届けが可能です。
VOICE OF
ORGANIC VENDORS
出品者の声

安い野菜を見て喜ぶのではなく現状を知って欲しい|年収200万円にも届かない自然栽培農家の過酷な現状を変えるために必要なこと

IN YOU

FAVORITEお気に入り登録
安い野菜を見て喜ぶのではなく現状を知って欲しい|年収200万円にも届かない自然栽培農家の過酷な現状を変えるために必要なこと

もともと私は自然栽培専門店で販売側の仕事をしていました。

その後自然栽培農業をやる際に、声がかかり、話題になった、石川県羽咋市の学校に自然栽培の給食を導入したという経緯があります。

これまでの経験で自然栽培の現状を見ていて、商品の質や栽培方法自体がとても良いものだということは分かったのですが、同時に絶対量が圧倒的に少ないことも、分かりました。

ですからせっかく販売を行いたくても、多くのお客様に広められないというジレンマがありました。

羽咋市の学校給食でも痛感したのですが、何か変えたいと思ったら、「量」がないとダメなんです。

そして、いくらいいことをやっていても、金銭的な問題で生産を続けていけなくなってしまう人を多数見てきた中で、農業者と販売者の距離を近づけたいという思いが常にありました。


自分はどうしたら、農家さん達のちからになれるのか?

自問自答した時に、販売しているだけでは本当の問題はわからないと思ったんです。

何事も自分でやってみないと始まらないと感じ、自然栽培で農業をやってみることにしました。

僕は、一緒に組む人たちについても吟味しています。
エンドユーザーにお届けするにあたり、商売という視点で信頼ができて、かつ、お仕事を共にする上で、柔軟に迅速に対応できる人というのは、意外と少ないんです。

僕自身としては、プロとしても対応ができて、栽培もできるレベルの高い人たちとやっていきたいという考えがありますので、本当に信頼ができる人とだけ、共に歩んでまいりました。

自然栽培農業をやって思ったこととしては、まず、天候に左右されやすいということ。
自然栽培では、やらなければいけないことはだいたい決まっていて「これだけ手をかけないといけない」という時期が決まっています。

それからプラスの点としては、長持ちすること。
根菜は特に長持ちしますし、ぶどうを作っている農家も知っているのですが、3ヶ月とか冷蔵庫に入れておいても保存状態が良ければ全然傷まなかったりもします。

販売を専門でやっていた時は農家の話が半分くらいわからないこともありましたが、今では野菜の特徴についてもよく理解し、だいたい全てわかるようになりました。

自然栽培農家さんは、全然儲かっていないし食べれてもいない。値付けが間違っていて格安金額で売られてしまっている。

自然栽培を実際にやってみて、一番驚いたのは、販売価格のこと。

僕も当時は販売する側の立場だったので、農家さんから言われた値段で、売っていたんです。

でも本当のところを知ると、実は農家さん達は、かなり安い値付けをしてしまっていたことが分かったんです。

どれくらい低いかというと、その値段で売っていても、自分たちの家族すら、ろくに食べさせられないくらいのレベルです。

家族や子供がいるのに、年収で200万円にすら届かないという人が大勢いるんです。
大の大人が10万円未満とかで全ての生活を賄わないといけないというのは、流石にきつい。

けれども農家さんの多くは、「売るための力がない」ということで、販売することを諦めてしまいます。

けれど、それではいつまでたってもうまくいきません。

家族や子どもすら守れない過酷な経済状況に身を置くのではなく、作る人もハッピーでなければいけない。

けれど、農薬を使わず自然の力で安全に作られたものにはやはりそれなりの価値がありますし、本物か偽物かという差は、並べば明らかです。

自分たちがちゃんと食べていける値段なのかということも、今一度作り手たちは考えなければなりません。

悲惨な現実を見てきた僕としては、最初から利益を全く得られない値段設定にしてしまい、子供や家族さえ守れない過酷な状況に身を置くのではなく、ちゃんとした値段設定で売って、農家もちゃんと利益を得て、儲かってきた段階で少しずつ値段を下げればいいのではないか?と、思ったんです。

安い野菜を見て喜ぶのではなく、手間がかかっているのに最終的な手取りは全く残っていないという現実を、消費者も知るべき。

今、全体的に食べ物や物の価値が下がりすぎている現状にあります。

安い野菜を見て喜んで買うのではなく、散々手間がかかっているのに、最終的な手取りは全く残っていないという現実を、買う人たちも知るべきなんです。

でも、お金の価値に変えられないくらいのものも、たくさんあります。

しかし消費者が安物にばかり走る理由は、まずこうした現実を知らないこと、情報がなさすぎることが原因だと思いました。

IN YOU Marketのようにしっかりと思いや背景、こだわりを伝えれば、価格が多少高くたって、納得する人も出てくると思うんです。

価値を正しく伝えることが、大事だと考えています。

「誰の子」という問題ではなく行き着く先はみんな同じ。未来に生まれてくる子達のことも考え、自然栽培に取り組みたい。

僕が自然栽培をやろうと思ったのは、その良さをすでに分かっていたのもあります。

でも、それ以上に、これだけ環境破壊も進んでいる現代において、何より地球環境・自然をいかに残していくかということを追求した時、「もう最後は自然栽培しかないのではないか」という風に思ったためです。

人間、誰の子ということではなく、行き着く先は結局、一緒。

住む場所も皆、同じ、地球です。

目先のことや、自分の子のことだけ考えていればいいのではなく、未来に生まれてくる子どもたちは、みんな自分の子どもたちと同じくらい大事なのではないでしょうか?

だからこそ、今こそ物の価値を改めて考えて直して欲しいんです。

どんなものに価値を感じ、どんなものを消費するのか。

ぜひ自然栽培の商品、使ってみてください。

RECOMMENDED ITEMおすすめのアイテム

favorite

RECOMMENDEDこの記事を読んだ人にオススメの記事

RANKING人気記事ランキング

NEW STORY新着記事

最近購入した商品

お気に入りの商品

VOICE OF ORGANIC VENDORS出品者の声

VIEW ALL

WHAT IS
IN YOU MARKET?
IN YOU Marketとは?

Ai Matsuura-san

IN YOU Marketは、
「家族や大切な人に自信を持って贈りたい」と
心から思えるもののみを扱う
「全ての人にオーガニックな暮らしを」をテーマにした、
オーガニック・オンラインマーケットプレイスです。

私たちは「買い物は投票活動である」と、考えています。

「買い物は投票活動である」とは、何気ない買い物という些細な行動が、全て日本やこの世の中を変えるための大事な第一歩に繋がっているという意味です。

毎日のお買い物という行動は、「どんな企業や、どんな人を応援してどんな未来をつくりたいか?」という、あなたの意思表示になっています。


READ MORE